Kawabata Ritsuko のすべての投稿

フォーカル・ジストニアの原因ー「自分を追い込み過ぎてしまう」

2019年2月に行われた「東京マラソン」で、優勝が期待された大迫傑選手が、寒さの為、まさかの途中棄権されました。

大迫選手は、2018年のシカゴマラソンで3位を獲得し、来年の「東京オリンピック」でもメダルが期待されている、超一流ランナーです。

さぞかし、大迫選手は今回の途中棄権にガッカリしているんだろうな、と思っていました。

ところが、今朝TVで見た大迫選手のインタビューで、意外なことを口にしていました。

「しっかり休むのも仕事の内なので、今はしっかり休みます」

私は、この言葉に感心すると同時に、ショックを受けました。

マラソンは過酷な競技なので、大会の後はしっかり休むのは、マラソン選手にとって常識なのでしょう。

しかし、大迫選手の言葉からは「落ち込み」は微塵も感じられませんでした。

気持ちの切り替えが早いこともまた、超一流アスリートには当然のことなのかもしれません。

フォーカル・ジストニアの原因ー「自分を追い込みすぎてしまう」

フォーカル・ジストニアのクライアントは、皆さん「コンサートに向けて、自分を追い込み過ぎていた」「卒業試験に向けて、自分を追い込み過ぎていた」など、「自分にプレッシャーをかけ過ぎていた」ことが原因でフォーカル・ジストニアを発症しています。

自分を追い込み過ぎてしまう理由は、「自分に自信がない、自分に余裕がない」ことです。

自分に自信が無いと、「もっと、もっと努力しなければいけない」と思いこんでしまいます。

努力の結果がすぐに成果に結びつくのであれば、努力のしがいもあります。

しかし、どんなに努力しても「勝負は時の運」ですから、大迫選手のように思わぬ結果に終わることもあります。

そういうとき、自分に自信が無いと、ひどく落ち込んでしまいます。

自分に自信が無いと、最悪の結果を想定すると、気が狂いそうになります。

そして、自分で自分にプレッシャーをかけ過ぎてしまいます。

しかし、自分に自信が無い人の脳は、元々プレッシャーに弱いものです。

ただでさえプレッシャーに弱い脳なのに、そこへさらに自分で追い打ちをかけてしまいます。

その結果が、フォーカル・ジストニアなのです。

そういう私も、ひどいあがり症で苦しんでいた頃は、自分に自信が無くて、いつも1人で焦って、プレッシャーに負けていました。

発表会の前日は、練習し過ぎて、よく喉を枯らしていました(泣)。

もし、私が大迫選手だったら、1週間はウダウダと落ち込んでいたことは確実です(笑)。

大迫選手の「しっかり休むのも仕事のうち」という言葉には、「やっぱり、超一流ランナーは言うことが違う」と、感心せざるを得ません。

フォーカル・ジストニアの治療ー自尊心の再生

フォーカル・ジストニアに悩むクライアントは、毒親によって自尊心を滅茶苦茶に破壊されてしまった人が多いです。

私が行うあがり症やフォーカル・ジストニアの治療は、「滅茶苦茶に破壊された自尊心」を、「ありのままの自分を愛せるようになる、本物の自尊心」に修正することです。

破壊された自尊心を、本物の自尊心に修正する過程は、簡単にはいきません。

*もし、簡単なものなら、自己啓発本や新興宗教の類は一切必要ありません(^^;。

その完治に至る長い過程を

「自分のこれまでの音楽に対する向き合い方が間違っていたから、フォーカル・ジストニアになったんだ。
演奏出来ないこの期間は、向き合い方を再考する為に与えられた、必要な期間なんだ」

と思えるようになった人は、フォーカル・ジストニアを治した後、音楽家として、また人としても格段に成長されていることでしょう。

そして、またプレッシャーがかかるような大事な場面に遭遇することになったとしても、自分を追い込み過ぎることなく、プレッシャーをさらりと受け流せるようになります。

そのとき、あなたは名実ともに「一流の音楽家」として成長されているはずです。

「すぐにプレッシャーでいっぱいいっぱいになってしまいます・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

あがり症を治すことの難しさ

あがり症を治すことの難しさ

あがり症を治すことは、一筋縄ではいかない、大変な作業です。

なぜかというと、「絶対に譲れないこだわり」を手放さなければいけないからです。

あがり症の人がなぜあがるか、というと「完璧でない自分に価値は無い」という思い込みがあるからです。

したがって、たくさんの知らない人から一斉に見つめられる発表会やスピーチの場では、「少しのミスも許されない」と身構えてしまいます。

すると、プレッシャーが高まるあまりに、緊張し過ぎて、かえってあがります。

あがって失敗してしまうと、あがり症の人はドスーンと落ち込みます。

そして、「次こそは、絶対に失敗しないぞ!」と固く心に誓います。

ところが、こうして固く心に誓えば誓うほど、「絶対に、失敗できないぞ」と緊張することになります。

そして、この緊張がアダになって、次回も見事にあがって失敗します。

自力で開発した心理療法であがり症を完治するまで、私は何度もこの空しい行為を繰り返していました(泣)。

あがり症の原因ー「他人は私をバカにする」

私が開発した心理療法は、自己催眠で自分の潜在意識を探り、あがり症の原因が何なのか、それを明らかにし、原因が分かったら、自己暗示で正しい考えに修正するものです。

その心理療法で、なぜ、あがるのかを、自分の潜在意識に問いかけてみました。

すると、「たくさんの人が見ている前で失敗したら、きっとみんなは私をバカにするだろう」と、無意識のうちに恐れていることが分かりました。

関連記事:あがり症の原因②ー「対人恐怖症」

冷静に考えれば分かることですが、失敗したからと言って、他人をバカにする冷酷な人ばかりではありません。

大人であれば、「あ、失敗しちゃったな」と思うだけで、後はスルーすることでしょう。

みんな忙しいので、他人の失敗を一々気にかけているヒマは無いのです。

他人が私をバカにするのでなければ、別に失敗しても大丈夫、ということです。

失敗を恐れなければ、緊張することも無くなるので、あがらなくなります。

あがり症を治すー「こだわりを手放す」

・・・と、言われてみれば、「な~んだ、カンタンなことじゃない!」と思いますよね。

ところが、「私が失敗しても、他人は私を笑わない」という真実を頭に植え付けることは、とても大変なことです。

なぜなら、他人を信用できるようになるには、「対人恐怖症」を治さなければいけないからです。

「他人は私をバカにするに違いない。だから、絶対に失敗は許されない」という思い込み自体は、とてもネガティブなものです。

ところが、あがり症の人にとっては、このネガティブな考えが「自分を守る、安全弁」のようなものだからです。

あがり症でない人にとっては、「なんで、そんなネガティブな考えをしているの?」と不思議がられることでしょう。

でも、対人恐怖症の人にとっては、「他人は私を傷つけるに決まっている。だから、いつも完璧でいなければいけない」と思い込むことで、自分を守っているつもりなのです。

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、私は対人恐怖症の人のこうした考えを、「バンジージャンプの命綱」と呼んでいます。

人がバンジージャンプができるのは、足首に命綱をつけているからです。

命綱無しで谷底へ飛び込むのは、自殺行為です。

対人恐怖症の人にとっては、「他人を信用しろ」というのは、「命綱無しでバンジージャンプをしろ」と言われているようなものです。

ところが、他人から見たら「谷底でもなんでもないのに。命綱なんて、いらなくない?」と不思議がります。

他人から見たら、対人恐怖症の人は「平地で足首に命綱をつけて、ムダに怖がっている人」という、残念な人に思われているのです。

つまり、対人恐怖症の人は「正常な現実認識ができていない」ということです。

こう考えると、対人恐怖症の人は自分のネガティブな考えが他人からどう映っているかを少しは理解できるかもしれません。

対人恐怖症でない人は、「他人は私の失敗をバカにするに決まっている」という思い込みはありません。

不必要な考えであれば、さっさと手放してラクになりましょう。

ラクな生き方を身に付けることで、あがり症は治ります。

「他人を信用できません・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

イップスの脳科学的原因

イップスの脳科学的原因

「イップス」とは、野球、ゴルフ、テニス、ダーツなどのスポーツで、自分の意志を無視して手が勝手に動くことです。

春になれば、野球の開幕戦で、有名人やタレント、アイドルが「始球式」でピッチングをします。

彼ら、彼女らは、プロの野球選手ではないのですから、始球式で思いっきり暴投したり、ノーコンでキャッチャーに届かなかったりします。

ピッチングがズレまくって見ている人を笑わせてくれることも、始球式の「お楽しみ」です。

しかし、ときに「高校生の頃に野球をやっていた」という、全くのド素人ではなく、ある程度腕に覚えのあるタレントが始球式に参加することがあります。

彼らは、始球式の練習では、「昔取った杵柄」で、華麗にピッチングを決めています。

しかし、本番の始球式となると・・・

タレントが投げた球は暴投して、あらぬ方向へ飛んでいきます。

そして、球場に集まった野球ファンをドッと湧かせた後、そのタレントは恥ずかしそうにピッチャーマウンドからスゴスゴと退場しました。

私は、この光景を見ながら、「いくら、昔野球をやっていたからと言って、やっぱり本番になると緊張してしまうんだな・・・」と思っていました。

ところが、プロのスポーツ選手でもこの「イップス」に悩む人が結構いるようです。

関連記事:「藤浪投手とイップス」

始球式で1度きりのピッチングなら笑い話で済みますが、プロ野球選手はそうも行きません。

私は、イップスの原因はあがり症と同じだと思います。

イップスの原因=失敗恐怖症

あがり症の人は、「たくさんの人が見ている前で失敗すること」を何よりも恐れています。

脳の偏桃体が「発表会でたくさんの人を前にして歌や楽器演奏を行うこと」=「愛される価値が失われる、恐ろしい行為」と判断します。

すると、偏桃体の持つ「闘争か闘争」モードにより、全身に「逃げろ!」という指令を出します。

「逃げろ!」という指令が下されると、脳内の神経伝達物質の1つであるノルアドレナリンが分泌されます。

ノルアドレナリンが分泌されると、骨格筋の血管が拡張します。

また、ノルアドレナリンが分泌されることで、身体は「闘争」モードに入り、身体の筋肉が硬直します。

そして、ピッチングしようとすると、腕の筋肉が硬直して、球があらぬ方向へ飛んで行くのです。

1度、こういった体験がトラウマになると、次に球を投げようとすると、「また、暴投したらどうしよう?」と、不安な気持ちになります。

すると、偏桃体がその不安な気持ちをキャッチして、さらにノルアドレナリンを分泌します。

ノルアドレナリンがさらに分泌されることで、さらに身体の筋肉が硬直します。

こうして、「イップスの無限ループ」が完成します。

関連記事:あがり症の無限ループ

イップスの治療=失敗恐怖症を治す

私も、自分がひどいあがり症だと分かった時はあがり症の原因が全く分からず、「また、あがったらどうしよう?」と不安に思えば思うほど、あがり症が悪化するという悪循環に襲われました。

しかし、心理療法で「いつも完璧でなくても大丈夫」「1度失敗したからと言って、いつも失敗する訳では無い」という正しい考えを脳に植え付けることで、あがり症は治りました。

また、失敗恐怖症を治したことで、すぐにクヨクヨする性格も治りました。

もし、あなたもイップスでお悩みでしたら、
「いつも完璧でなくても大丈夫」「1度失敗したからと言って、いつも失敗する訳では無い」 という正しい考えを脳に植え付けてください。

失敗を必要以上に恐れなくなることで、イップスは治ります。

「イップスの無限ループにハマってしまいました・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

痙性斜頸患者の自我分析

痙性斜頸患者の自我分析

聖マリアンナ医科大学神経内科の医師たちが、痙性斜頸患者の自我分析の結果を平成16年に発表しました。

痙性斜頸はストレスと関連があるといわれている。 実際に患者と接していると,背景にストレスの存在が あることが多く,また患者は特有な性格的特徴を持っ ているように思われる。

Berne らによれば,人間の心は次のような 5 つの自 我から成り立っているという。 ① critical parent;CP(批判的な父親の心) ② nurturing parent;NP(保護的な母親の心) ③ adult;A(客観的な大人の心) ④ free child;FC(自由な子供の心) ⑤ adapted child;AC(順応した子供の心) 自分が他者と交流する際には,このうち強い自我が 前面に出る。

これが個性といわれているが,同時にス トレスや心身症を招くもとになると考えられる。 そこで,我々はエゴグラムにより痙性斜頸患者の自 我を健常成人と比較し,発症との関連を検索した。

出典:「エゴグラムによる痙性斜頸患者の自我分析」-通常成人との比較-
聖マリアンナ医科大学神経内科
堀内 正浩、 塩原 紀久子、 真木 二葉、 高橋 洋一

この研究の結果は以下のとおりです。

結論

ボツリヌス毒素療法を受けた本態性痙性斜頸患者 9 例と健常成人 8 例にエゴグラムを施行した。痙性斜頸 患者の“adapted child(AC)”は健常成人に比べ高値 であった。痙性斜頸患者には,心身医学的治療も必要 と考えた。


出典:「エゴグラムによる痙性斜頸患者の自我分析」-通常成人との比較-
聖マリアンナ医科大学神経内科
堀内 正浩、 塩原 紀久子、 真木 二葉、 高橋 洋一

この研究によると、痙性斜頸患者の自我分析は「 adapted child(AC)」が健常成人と比較すると高く、心身医学的治療も必要である、と結論付けています。

協調性的な心


「adapted child(AC) 」とは、

AC(順応性)協調性的な心。他人からの評価を気にし、言いたいことを言わずに我慢してしまい、従順で遠慮がちである[。この部分が低いと、マイペースな性格になる。

出典:「エゴグラム」Wikipedia

とされています。

この性格を考えると、ある意味とても日本人らしい性格と言えますね。

日本人の社会はとかく「協調性」が要求されます。

日本は基本的に単一民族で構成されている国家ですから、「和を乱す」人や振る舞いを嫌います。

そのため、「人と歩調を合わせる」「空気を読む」ことが日本の社会では「暗黙のルール」とされています。

しかし、このように協調性があり、従順で遠慮がちな日本人らしい性格の人がたくさんいるにも関わらず、日本人全員が痙性斜頸を発症する訳ではありません。

と言うことは、痙性斜頸を発症する患者は、性格を矯正すれば痙性斜頸が治る、という問題ではない、ということになります。

私は、ひどいあがり症、書痙、発声時頸部ジストニアを自力で開発した心理療法で完治しました。

その経験を基に、私と同じようにあがり症、書痙、フォーカル・ジストニアに悩むクライアントを私が開発した心理療法で治療を行っています。

あがり症や書痙、フォーカル・ジストニアと症状は違っても、クライアントはみな共通して「ある悩み」を抱えています。

それは、「ありのままの自分を好きになれない」という悩みです。

「ありのままの自分を好きになれない苦しみ」

クライアントは、子どもの頃に生じた親との葛藤を抱えて、辛い思いをして生きています。

彼らの親は、ありのままの彼らを愛さず、やたらと教育や躾に厳しかったり、子供に暴言を吐いたり暴力を振るったり、仕事が忙しくて子どもをほったらかしにしたり、他の子どもの世話にかまけて、子どもの心を蔑ろにしたりします。

このような状況では、たとえ物理的に親が存在しても、精神的に親は存在しません。

精神的に親が存在しないということは、子供は「精神的には孤児である」ということです。

親の務めとは、子どもの衣食住の世話をすることだけではありません。

親が子どもにしてあげなければいけない「本当の務め」とは、子どもに「私は、ありのままの姿で愛される価値がある」という本物の自尊心を持たせてあげることです。

この自尊心があればこそ、子どもは一人で自由に、のびのびと「自分が自分であること」を表現し、それを楽しむことができます。

しかし、上記のように精神的な意味での親が存在していない状況では、子どもは「ありのままの自分」に自信を持てなくなります。

その結果、いつも自分に自信が持てず、オドオドと卑屈な性格になります。

そして、その自信の無さをカバーしようと、子どもなりに「生き残るための知恵」を考え付くようになります。

「生き残るための知恵」としてのAC

その「生き残るための知恵」の一つが、ACの


「AC(順応性)協調性的な心。他人からの評価を気にし、言いたいことを言わずに我慢してしまい、従順で遠慮がちである」

なのです。


つまり、痙性斜頸患者の自我分析の結果である「AC(順応性)協調性的な心」とは、子どもの頃に親からありのままの姿で愛してもらえず、「生き残るための知恵」として後天的に身に付けた性格であると言えます。

このようにして、「生き残るための知恵」を身に付けた子どもは、成人すると、常に周囲に気を配り、痛々しいほどに自分を抑え、他人の顔色をうかがい、ワガママを言わず、言いたいことがあってもグッと我慢します。

しかし、このような生活というものは、かなり精神的なストレスがたまります。

皮肉なことに、大人しく従順でいわゆる「良い人」は、周囲から軽んじられてしまう傾向があります。

「自分」を主張せず、常に周囲の顔色をうかがうような人は、周囲から「自分を持っていない人」と、軽蔑されてしまいます。

どんな無茶ぶりをしても、この手の「良い人」は文句も言わず引き受けてくれるので、ワガママな人の餌食にされやすいのです。

本心ではイヤだと思っていても、周囲から「良い人」だと思われたい気持ちが強すぎるために、笑顔で引き受けてしまいます。

しかし、どんなに「良い人」を演じてはいても、やはり本音のところではストレスが溜まります。

本人は「生き残るための知恵」として良い人を演じているだけなので、「本当の自分」「本音の自分」とは、どんどんギャップが生じてしまいます。

このようにどんどんストレスが溜まり、ある日「ストレス限界値」を超えるときがきます。

ストレス限界値を超えるとき

その結果として現れる症状が、あがり症や書痙、フォーカル・ジストニアなどの身体症状なのです。

したがって、痙性斜頸を治療するためには、聖マリアンナ医科大学の医師らが自我分析の結果として結論付けたように、「心身医学的な治療」です。

しかし、現代の精神医療で行われる治療は、「EMDR」(左右眼球ギョロギョロ運動)や、認知行動療法の「要は気持ちの問題」という、その効果に疑問を抱く治療法ばかりです。

自力で開発した心理療法であがり症を完治した私から言わせてもらえれば、どちらの療法も効果があるとは言えません。

考えるまでもない話ですが、左右の眼球をギョロギョロと左右に動かしても、ありのままの自分を好きになることはできません。

また、「要は気持ちの問題」では、子供時代のトラウマを癒すことはできません。

それに、痙性斜頸の患者に「生き残るための知恵」を捨てなさい、と言うことは「死刑宣告」と同じです。

どんなにAC的な性格に息苦しさを感じていても、それが彼らが子どもの頃に「生き残るための知恵」として身に付けた性格なので、簡単にその性格を捨てることはできないのです。

彼らにAC的な性格を捨てさせるためには、私が開発した心理療法:マジックセラピーで、根気よく「子供時代にありのままの自分を愛してもらえなかった寂しさ、悔しさ、怒り、悲しみ」を癒していく必要があります。

十分に心の傷を癒して初めて、「生き残るための知恵」である、AC的な性格を捨てることができるのです。

自分が自分らしくいられることに心地よさを感じるようになったとき、痙性斜頸は治ります。

痙性斜頸の真の原因とは「ありのままの自分を愛せるようになりたい!」という、魂の叫びなのかもしれません。

関連記事:舞台俳優Mさんの痙性斜頸治療記録

関連記事:本態性ジストニアー痙性斜頸の原因と治療法

「ありのままの自分を愛せるようになりたいです・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

にほんブログ村 病気ブログ ジストニアへ
にほんブログ村

私が定位脳手術に大反対する理由

私は、自分自身のひどいあがり症を、自力で開発した心理療法で完治しました。

私のあがり症の症状は、それはひどいものでした。

手足は暴れ馬のようにガクガクブルブル震え、全身から滝のように流れる大量の発汗、口から心臓が飛び出しそうなほどの激しい動悸、強い不安感、殺されそうな恐怖感、ど忘れ、声が上ずってひっくり返る・・・と、ありとあらゆる症状に悩まされていました。

しかし、心理療法で自分の潜在意識を探るうちに、それらのひどい症状の原因が過去のトラウマにあることが分かりました。

時間はかかりましたが、心理療法で全てのトラウマを癒すことで、ひどいあがり症を完治することができました。

そして、その経験を基に、心理療法であがり症やフォーカル・ジストニア、書痙や痙性斜頸に悩む方を治療しています。

当然、私は定位脳手術に反対の立場です。

なぜ、私が定位脳手術に大反対しているのか、理由を説明します。

1番は、フォーカル・ジストニアはあがり症をと同じで心因性の症状であり、したがって心理療法で治すことが自然であり、かつ正しいものだという信念があるからです。

2番目は、「10人に1人が失敗し、15人に1人が再発する」という、100%安全で確実なものではないことです。

ここで言う「失敗」とは、「フォーカル・ジストニアが治らなかった」という意味ではありません。

「失敗」とは、「治らなかったどころか、深刻な後遺症が出てしまった」という意味です。

ある人は、定位脳手術の後遺症で呂律が回らなくなりました。

また、ある人は何もないところで足がもつれるようになり、すぐに転んでしまうようになりました。

その結果、日常生活では杖が手放せないようになりました。

このような後遺症が出てしまっては、演奏活動どころではありません。

また、医師によると、「術後3ヶ月以内に再発が無ければ完治」としているようです。

つまり、4ヶ月以降に再発した人は、「15人に1人」にカウントされていない可能性があります。

もっと長いスパンで考えれば、再発率はもっと高くなる可能性があります。

実際、ある人は右手の書痙のために定位脳手術を受けたところ、手術から2年後に、今度は左手に書痙の症状が出るようになってしまいました。

この人は、右手の書痙こそ治ったものの、足がもつれるという深刻な後遺症が出てしまいました。

確かに、「右手の書痙は治った」という事実だけ見れば、定位脳手術は成功した、と言えるでしょう。

しかし、定位脳手術から2年後に、今度は左手に書痙の症状に襲われ、かつ後遺症に悩まされるようになったまま・・・という状況では、果たしてこの人は定位脳手術を受ける必要があったのでしょうか?

それに、私はフォーカル・ジストニアの原因は「愛される価値が失われる恐れ」だと思っています。

したがって、手術を受けて完治しても、また「愛される価値が失われる恐れ」に直面すれば、再発率は100%だと思います。

このように、手術の失敗による深刻な後遺症や、再発の可能性を考慮すると、私が定位脳手術に大反対している気持ちもお分かりいただけることでしょう。

私のクライアントは、表向きは「フォーカル・ジストニアを治したい」という動機でカウンセリングを受けられます。

しかし、クライアントの100%と言っていいほど、「自分で自分を好きになれない苦しみや辛さ」をカウンセリングの場で訴えてきます。

今まで誰にも打ち明けることができなかった苦しみを分かってくれる人にやっと巡り合えた・・・そんな安堵の気持ちからか、カウンセリング中に泣き出してしまうクライアントも珍しくありません。

フォーカル・ジストニアの原因は、この「自分を好きになれない苦しみ」でもあります。

当然、定位脳手術では「自分を好きになれない苦しみ」を救うことはできません。

たとえ定位脳手術でフォーカル・ジストニアが治ったとしても、「自分を好きになれない苦しみ」には、ずっと苦しめられることになるのです。

「10人に1人」の、ロシアンルーレットのような定位脳手術に賭けるか、「自分を好きになれない苦しみ」から永遠に解放され、その結果としてフォーカル・ジストニアが完治するか・・・答えは明らかだと思います。

「自分を好きになれない苦しみから解放されたいです・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

あがり症の原因ー「間違った思い込み」

あがり症の原因は、主に「視線恐怖症」「対人恐怖症」「失敗恐怖症」「あがり恐怖症」の4つです。

関連記事:あがり症の原因

しかし、「一言で言うと?」と尋ねられたら、それは「いつも完璧でなければならない」という思い込みだと答えます。

あがり症になる人は、子どもの頃に「ありのままの自分」を親から愛してもらえなかった傾向があります。

そうすると、自分でも「ありのままの自分」に自信が持てなくなります。

そうして、子どもながらに愛されるための「知恵」を考え付くようになります。

「いつも完璧でなければならない」という思い込みは、いわば「生きるための知恵」なのです。

こういう人が大人になって、「たくさんの人から注目される場」に立つと、必要以上にプレッシャーがかかります。

「絶対に失敗してはいけない。完璧に演奏しなければ。こんなにたくさんの人が見ている前でミスしたら、私の「愛される価値」が無くなってしまう」と、頭の中は恐怖でいっぱいになります。

そして、その恐怖がマックスになると、様々なあがり症の諸症状ー手足の震え、激しい動悸、大量の発汗、異常な恐怖や不安感に襲われます。

また、「いつも完璧でなければならない」という思い込みの他にも、あがり症の人が自分の価値を保つために信じている様々な思い込みがあります。

たとえば、

「誰からも好かれなければいけない」

「人から、優秀だと思われなければならない」

「いつも、周囲に気を使わなければいけない」

「いつも、場の空気を和ませなければいけない」

「いつも、きちんとしていなければならない」

「常に1番でなければならない」

「人からイヤなことをされても、感情を露わにしてはいけない」

「イヤなことがあっても、自分さえ我慢すれば上手くいく」

等です。

これらの思い込みに自分をがんじがらめに縛りつけていることに、普段は全く気が付いていません。

あがり症の人は、「素のままの自分」を出すのはいけないことだ、という思い込みに囚われています。

そのために、自分で作り上げた「ルール」に自分を縛りつけていないと、不安で仕方無いのです。

しかし、これらのルールはあがり症の人が勝手に作ったルールです。

「ルール」から自由になることも、一生がんじがらめに縛りつけられていることも、どちらも選べる自由があります。

がんじがらめに自分をルールで縛りつけているより、自由な生き方の方がリラックスできますよね。

「ムリをしない生き方」が身に付くことで、人前で緊張しなくなり、あがり症は治ります。

「窮屈な生き方が止められません・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、「あがり症克服セミナー」でリラックスした生き方を学びませんか?

>>>「あがり症克服セミナー」詳しくはコチラから

レディー・ガガと線維筋痛症

アメリカの女性歌手、レディー・ガガさんが線維筋痛症により2017年9月に活動休止を発表しました。

線維筋痛症とは、全身に激しい痛みが起こる症状です。

しかし、血液や尿検査、脳波、心電図、X線検査、CT、MRI画像などでは異常がみられないのです。

レディー・ガガさんの今回の告白によって、はじめてこの病気を耳にしたことも多いことでしょう。

厚生労働省の調査によると、線維筋痛症の患者数は全国で200万人もいらっしゃるそうです。

 

レディー・ガガさんと言えば、東日本大震災で来日公演をキャンセルする海外アーティストが続出する中、いちはやく日本に駆け付けてくれて、日本を勇気づけてくれた大の親日家としても知られています。

私も、そんなレディー・ガガさんの優しい人柄や、ノリのいい楽曲、力強い歌唱力と、全てが大好きです。

 

線維筋痛症をネットで検索していたところ、フォーカル・ジストニアとの意外な共通点を発見しました。

それは、線維筋痛症の発症メカニズムです。

医者によって線維筋痛症の原因には様々な考え方があるようですが、私が見つけたある内科医の見解によると、

「発症には、非常に特異な2段階のステップがあると考えられています。

1ステップ目は、思春期に受けた虐待やトラブル、手術や事故などによる外傷、PTSD(心的外傷後ストレス障害)です。

2ステップ目は、それから一定の時間経過後に、さらに外傷、手術、身内の不幸や離婚など、新たな外傷やストレスが加わることです。

それらがトリガーとなり、脳が外部刺激の処理をミスしてしまい、実際に受けた何倍もの刺激を感じて発症すると考えられています。」

 

この内科医の1と2ステップに関する主張は、私が唱える「フォーカル・ジストニアの発症メカニズム」と、まんま同じですよね。

関連記事:フォーカル・ジストニアの発症メカニズム

 

また、最近のレディー・ガガさんのインタビューによると、

「私が線維筋痛症だと信じてくれない人たちには腹が立つわ。私も他の患者も、不安、うつ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、トラウマ、そしてパニック障害の嵐なのよ。こういった症状が神経系統を過剰に稼働させて、結果として神経痛を引き起こすの」

レディー・ガガは高校生の頃に、同級生からゴミ箱に投げ込まれるなどの酷いいじめに遭ったことや、まだアーティストとして駆け出しのころ、レイプ被害に遭ったことを告白しています。

 

これらの悲しい体験が、レディー・ガガの心を傷つけ、それが線維筋痛症発症の引き金になったように思われます。

 

であれば、カウンセリングとセラピーでレディー・ガガの線維筋痛症も治せるような気がします。

「東日本大震災のとき、日本に対して示してくれたレディー・ガガの温かい思いやりを忘れない」日本人の一人として、レディー・ガガの苦しみを救ってあげたい、と思いました。

 

今年は主演映画「アリ―/スター誕生」が高評価で絶好調らしく、それがレディー・ガガの病状を和らげるようになるといいですね。

 

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

フォーカル・ジストニアを発症させる「感情」

フォーカル・ジストニアを発症させる「感情」

 

フォーカル・ジストニアを発症した音楽家をカウンセリングした結果、ある「傾向」に気が付きました。

彼らは、フォーカル・ジストニアを発症したときにある種の「感情」に襲われていたのです。

そして、その「感情」こそが、フォーカル・ジストニアを発症させる「スイッチ」の役割を果たしていました。

 

部屋の灯りをつけるときには、スイッチを「入」にします。

そして、灯りを消すときは、スイッチを「切」にします。

 

こうやって、スイッチを「on」「off」することで、灯りをコントロールします。

もし、スイッチを「on」「off」しないと、部屋の灯りはずっとつけっぱなしだったり、消えたままだったりします。

 

フォーカル・ジストニアを発症すると、なぜ何十年も抜けだせないか、というと、フォーカル・ジストニアを発症させるスイッチが、ずっと「on」の状態になっているからです。

したがって、フォーカル・ジストニアを治療するためには、フォーカル・ジストニアを発症させたスイッチを「off」にしないといけません。

 

フォーカル・ジストニアの発症メカニズム

 

フォーカル・ジストニアの発症メカニズムは以下の通りです。

関連記事:フォーカル・ジストニアの発症メカニズム

 

簡単に言うと、「愛される価値が失われることへの怖れ」が引き金となってフォーカル・ジストニアは発症します。

そして、その「怖れ」は、ある種の「感情」を伴うことが分かりました。

 

たとえば、「イライラ」「ビクビク」「クヨクヨ」「オドオド」「ドキドキ」と言った感情です。

「イライラ」は、「怒り」に伴う感情です。

「ビクビク」「オドオド」は、「恐怖」に伴う感情です。

「ドキドキ」は、「不安」に伴う感情です。

「クヨクヨ」は、「悲しみ」に伴う感情です。

 

「怒り」「恐怖」「不安」「悲しみ」は、それぞれ別個の感情のように思えますね。

しかし、実はこれらの感情は、「根っこ」の部分では同じ感情によって引き起こされています。

 

その「同じ感情」とは、「愛される価値が失われることへの怖れ」です。

人によって、「愛される価値が失われることへの怖れ」を感じたときに、「イライラ」するか、「ビクビク」するか、「ドキドキ」するか、「クヨクヨ」するか、の違いだけなのです。

 

たとえば、私のあがり症のおおもとの原因は、「いつも、完璧でなければいけない」という間違った思い込みでした。

私は、自己評価が思いっきり低く、「いつも、完璧でいなければならない」という思い込みによって自分の価値を保とうとしていたのです。

 

そのため、仕事ができない、トロい人間を見ると、自分の価値観を否定されたような気がして、いつも「イライラ」していました。

また、発表会で自分の出番を舞台袖で待つ間は、「また、あがって失敗したら、どうしよう?」という恐怖や不安に襲われて「ドキドキ」「オドオド」「ビクビク」していました。

 

フォーカル・ジストニアの治療

 

「イライラ」と「ドキドキ」は、関連性が無いようでいて、実は「根っこ」のところでは同じ思い込みを共有していたのです。

 

私は、フォーカル・ジストニアに悩む音楽家を治療するとき、フォーカル・ジストニアを発症した時期に、どのようなトラブルに見舞われたか、また、そのトラブルによってどのような「感情」を抱いたか、を詳しくお伺いします。

 

そして、その「感情」を心理療法で癒すことで、何十年も動かなかった指が、2、3週間の内に動くようになったり、何十年も出なかった声が、すんなりと発声できるようになった症例を見てきました。

関連記事:フォーカル・ジストニア治療中間報告

 

したがって、あなたがフォーカル・ジストニアに悩んでいるのなら、フォーカル・ジストニアを発症したときにどのような「感情」を抱いたかに注意してください。

その「感情」を癒すことで、何十年も動かなかったあなたの指は、再び動くようになることでしょう。

まとめ

 

・フォーカル・ジストニアを発症した音楽家は、ある種の「感情」に襲われていた。

・その「感情」が、フォーカル・ジストニアを発症させる「スイッチ」の役割を果たしている。

・したがって、フォーカル・ジストニアを発症治療するためには、「スイッチ」となった感情を心理療法で癒す必要がある。

・そうすれば、何十年も動かなかった指は再び動くようになる。

 

 読むだけであがり症が治る!?「あがり症克服無料講座」のご案内はコチラから

「フォーカル・ジストニアを発症したときに『イライラ』したり、『ビクビク』したりしていました」

フォーカル・ジストニアの原因にお心当たりのある方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

 

あがり症を治すために捨てなければいけないこと

「あがり症を治すために捨てなければいけないこと」

 

あがり症を治すために捨てなければいけないことーそれは、「人から良く思われたい」という気持ちです。

 

なぜ、人はあがるのでしょうか?

その原因は、「人の目を気にし過ぎるから」です。

 

たとえば、パーティーでスピーチを突然指名されてしまったとします。

事前にスピーチをお願いされていたのなら、原稿を用意したり、スピーチの練習をしたりと、ある程度の心構えはできます。

しかし、「突然のご指名」では、何も用意していないのですから、誰でもアタフタすることは間違い無しです。

 

こんなとき、あがり症でない人は「困ったな。まぁ、適当に、皆が笑えるエピソードを絡めて話をするか」と、戸惑うものの素早く頭を切り替えます。

しかし、あがり症の人はこんなときパニック状態になります。

「どうしよう?」「何も話すことがない」「何を話せばいいのか」と、冷静に頭を切り替えることができません。

 

そして、アワアワしているだけで終わります。

会場には、気まずい空気を漂わせたままで・・・。

 

あがり症の人は、いったい何を考えてパニック状態になっているのでしょうか?

それは、「何か、気の利いたことを言わなければいけない」という間違った思い込みです。

 

「気の利いたことを言わなければいけない」という思い込み

 

確かに、パーティーのスピーチですから、気の利いたことを言った方がみんなから注目されるし、感心されます。

しかし、たとえ話がつまらなくてスベったとしても、所詮は素人のスピーチなのですから、気にする必要はありません。

そもそも、突然指名する方が悪いのですから、指名された方も「気の利いたことを言わなくてはいけない」義務はありません。

 

あがり症でない人がスピーチしてスベったとしても、大して気にしません。

「あれ?受けなかった。まあいいか」で済ませます。

 

しかし、あがり症の人は「あがってしまった。おまけにスピーチも全然受けなかった・・・」と、どん底に突き落とされたようなショックを受けます。

そして、2、3日はクヨクヨと落ち込みます。

 

あがり症にならない人が考えていること

 

あがり症になる人とならない人の違いは、「気の利いたことを言って、みんなから感心されなければいけない」という思い込みがあるか否か、です。

 

この思い込みがなければ、スピーチに対して必要以上に気負う必要がありません。

「まぁ、適当に話せばいいや」と思っているので、リラックスして話せるのです。

リラックスして話すことで、聴衆もリラックスして話を聞くことができます。

 

しかし、「みんなから感心されなければいけない」という思い込みがある人は、バリバリに気負ってしまいます。

その結果、肩の力が入り過ぎてしまい、緊張してあがってしまうのです。

 

名アナウンサーの徳光さんのような方なら、聴衆を100%満足させることができるかもしれません。

しかし、普段からスピーチの特別な訓練を受けていない人が、聴衆を100%満足させることは不可能です。

そもそも、タレントでもなければアナウンサーでもないのですから、聴衆を100%満足させなければいけない義務もありません。

 

義務も必要もないものに対して、「聴衆を100%満足させなければいけない」という思い込みそのものが、間違っているのです。

なぜ、あがり症の人がこのように思いこんでしまうかというと、自己評価が低いために「いつも完璧でなければならない」という思い込みがあるからです。

 

「自己評価を高めたい」という願望

 

自己評価が低いと、「他人からの評価」が気になって仕方がなくなってしまいます。

自己評価が低い人は、「これ以上、自分の価値を低くしたくない」という怖れを常に抱えているからです。

そのため、「自分の価値が低くなるかもしれない機会」に敏感になってしまうのです。

 

「他人から良く思われたい」という気持ちの裏には、「ヘタなことを言ってバカにされたくない」という恐れと「自己評価を高めたい」という願望が混在しています。

それらの複雑な感情が一度に襲ってきて、パニック状態になってアワアワとあがり症になってしまうのです。

 

したがって、あがり症を治すためには、「他人から良く思われたい」という願望を捨てることです。

そうすれば、必要以上に気負うことがなくなります。

 

「別に、人からどう思われようが、構わない」「たとえ、ヘタなスピーチで他人から笑われても、どうでもいいや」という気持ちになれれば、リラックスしてあがらなくなります。

 

まとめ

 

・あがり症になる人は、「他人からバカにされたくない」という恐れと「自己評価を高めたい」という願望が混在している。

・これらの複雑な感情が、スピーチなどの「たくさんの人から注目される場」に立つことでMaxになり、あがってしまう。

・あがり症にならない人は、自己評価が高いので、他人からバカにされても気にしないし、自己評価を高めたいという願望もない。

・あがり症を治すためには、自己評価を高め、「他人から良く思われたい」という願望を捨てることが必要。

 

 読むだけであがり症が治る!?「あがり症克服無料講座」のご案内はコチラから

 

「人の目が気になり過ぎてあがります・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のご案内はコチラから

あがり症無料克服講座

「あがり症克服無料講座」をご用意いたしました。

こちらは、完全無料でご購読頂けます。

全8回で、「あがり症の原因」と治療法について、詳しく解説してあります。

 

あがり症無料克服講座

第1回「自分のこと好き?」
第2回「他人が怖い?」
第3回「もしかして、完璧主義?」
第4回「視線が怖い?」
第5回「学芸会で失敗したことある?」
第6回「自分の弱さを受け入れる」
第7回「親に対する憎しみを手放す」
第8回「トラウマを癒す」

 

私は、自分がひどいあがり症だと分かったとき、1番最初に思ったのは「なぜ、自分だけがあがり症でこんなに苦しい思いをしなければいけないのか、理由を知りたい!」でした。

 

あがり症でお悩みのあなたも、私と全く同じ気持ちだと思います。

なので、全8回のうち、7回は原因について「これでもか!」と詳しく解説してあります(笑)。

 

 

私は、「原因を知れば、あがり症はもう半分は治ったもの」だと思います。

残りの半分は、8回目に書いてある治療法を試すだけです。

何事も、「行動すれば、結果が生まれる」のです。

 

いろいろと迷ってばかりのあなたも、「あがり症克服講座」で、明るい未来を自分の力で切り開きましょう!

 

「あがり症克服講座」ご購読はコチラから↓

*迷惑メール設定をされている方は、ritsukok07(アットマーク)gmail.comを受信可能リストにご登録をお願い致します。