Pocket

brittany-snow-398343_640

声楽が格段に上達する秘訣

 

2008年に趣味として声楽を習い始めました。

習い始めた当初は、あまりの声の出なささに、 先生を呆れさせました(笑)。

おまけに、ひどいあがり症で、趣味というより声楽は難行苦行の一環という感じでした。

 

ところが、マジックセラピーであがり症を治したことで、なんと、ファン第1号を獲得するまでに至りました。

関連記事:あがり症の私がファン第1号を獲得できた理由

先生が教えてくれる「声楽が上達する秘訣」は、先生によってそれぞれ異なります。

その中でも、私が教わって「コレは効果がある!」と感じたことをご紹介しましょう。

 

1.「大地のエネルギー」を両足からしっかり感じ取りながら発声する。

 

これは、ミュージカルやTVドラマでおなじみ、声楽家の石丸幹二さんも同じことを仰っていました。

歌うとき、目には見えないかもしれませんが、「大地のエネルギー」が足の裏から吸収されて、全身を通り抜けるのをイメージしながら発声してください。

発声に力強さがあふれ、ダイナミックで堂々とした発声になります。

 

2.発声するとき、空中の1点に目掛けて発声する。

 

これは、あるとき何となく試してみたら、ピタッとハマって効果があったテクニックです。

歌う時、ただ漫然と発声するのではなく、空中に「1つの点」があるのをイメージし、その点を目掛けて発声してください。

ただぼんやりと発声していた時よりも、発声にシャープさが生まれます。

 

たとえるならば、「ダーツ」や「弓道」みたいな感じです。

どちらも、的のど真ん中を目掛けて矢を「ピューッ」と投げたり射抜いたりしますよね。

その「矢」を自分の声だと思ってください。

そして、「的のど真ん中」を音程だと思ってください。

音程のど真ん中目掛けて発声がピタっとハマると、歌う方も聴いている方も気分が良くなります。

 

3.「一つ一つの音」を丁寧に、心を込めて歌う。

 

私はサラ・ブライトマンのファンなのですが、あるとき彼女の歌を聴いていたとき、「サラは、一つ一つの音をとても丁寧に歌っているなぁ」と感じました。

そして、発表会でサラの真似をして、一つ一つの音を丁寧に歌ったら、なんと「ファン第1号」が誕生しました。

 

「丁寧さ」を心掛けることは、聴衆に対する誠実さへの表れでもあります。

おそらく、その「誠実さ」が聴衆の心を動かしたのだと思います。

 

「一つ一つの音を丁寧に歌う」ことって、すぐに誰にでもできるテクニックですよね。

そんなに簡単なのに、聴衆の心を動かすことができるのですから、これはぜひ真似してみてください!

きっと、あなたにも「ファン第1号」が誕生しますよ(^^♪

 

music01-016 関連記事:「あがらずに楽器演奏が格段に向上する秘訣」
music01-016 関連記事:「あがり症の生徒を教える音楽家の先生へ」
music01-016 関連記事:「楽器演奏の不安を克服する」
music01-016 関連記事:「ステージ恐怖症を克服する」

 

「いくら努力しても、伸び悩んでいます・・・」
そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

 

<<<無料相談の詳しいご案内はコチラから

無料相談のご案内

<<<料金とお支払いの詳しいご案内はコチラから

料金とお支払方法

<<<カウンセリングのご予約はコチラから
https://reserva.be/counselingyoyaku1

メルマガ登録・解除
あがり症なんて、怖くない!~場数を踏んでもあがり症が治らない理由~
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ