フォーカル・ジストニアの原因ー完璧主義

Pocket

フォーカル・ジストニアの原因ー完璧主義

池袋の漢方薬局、一二三堂薬局さんのサイトより


書痙の原因についてはまだ明確に解明されていません。

しかし、脳内における筋肉の動きをコントロールする部分の不調によるものという説が濃厚です。

さらに特定の神経伝達物質(アセチルコリン、ドパミン、セロトニンなど)のはたらきを調節する薬で症状が緩和することから、逆説的にそれらが書痙発症に関与している可能性が指摘されています。

書痙に限らず職業性ジストニアを患ってしまう方の特徴としては完璧主義、真面目、几帳面という点が挙げられます。

したがって、体質以外にもストレスを真正面から受けてしまう性格などもジストニア発症の要因としばしば指摘されます。

出典:一二三堂薬局 「書痙の原因」

一二三堂薬局さんは、書痙や痙攣性発声障害、イップス、チック症などを漢方で治療されています。

書痙や痙攣性発声障害は、フォーカル・ジストニアの一種です。

常日頃、私が主張している、フォーカル・ジストニアの原因と、一二三堂薬局さんの仰っていることは、全く同じですね

関連記事:フォーカル・ジストニアという名の演奏恐怖症

特に、

「 書痙に限らず職業性ジストニアを患ってしまう方の特徴としては完璧主義、真面目、几帳面という点が挙げられます」

という点が重要です。

これは、フォーカル・ジストニアの原因があがり症と同じ「失敗恐怖症」であることの証拠です。

関連記事:あがり症の原因③ー失敗恐怖症

「完璧主義のワナ」

自分に自信が無い人は、自分の価値を保つために「完璧主義、真面目、几帳面」という鎧を被ります。

しかし、どんなに真面目、完璧主義、几帳面でいようとしても、時にはミスもするし、頑張ったのに上手くいかないこともあります。

そんなとき、「真面目、完璧主義、几帳面」の優等生タイプの人は、とことん落ち込んでしまいます。

そして、上手くいかなかった自分を責めてしまいます。

このように、「真面目、完璧主義、几帳面」の優等生タイプの人は、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまいます。

あるとき、ストレスの限界値を超えるときがきます。

その結果が、フォーカル・ジストニアなのです。

フォーカル・ジストニアの原因ー神経伝達物質のバランス異常

ストレスが溜まると、脳からアドレナリンとノルアドレナリン、ドーパミンが分泌されます。

また、セロトニンが不足します。

セロトニンは、過剰に分泌されたドーパミンを制御する働きがあります。

セロトニンが不足すると、ドーパミンはそのまま暴走します。

また、ノルアドレナリンが分泌されると、アセチルコリンが低下します。

ドーパミンとアセチルコリンは、ともに随意運動を制御する働きがあります。

このようにして、ストレスが溜まるとドーパミンとアセチルコリンのバランスが異常になり、フォーカル・ジストニアが発症します。

したがって、フォーカル・ジストニアを治療するためには、心理療法でストレスを癒し、ドーパミンとアセチルコリンのバランスを正常に戻すことです。

ちなみに、脳神経内科の先生がフォーカル・ジストニアが心因性だと認めない理由は、

「認知行動療法では治らなかったから」

だそうです。

認知行動療法ですくえるのは、浜辺のアサリやハマグリ程度です。

フォーカル・ジストニアの原因は、タイタニック号が沈む深海のような、潜在意識の底にいます。

認知行動療法でフォーカル・ジストニアが治せないのは、当たり前です。

しかも、フォーカル・ジストニアの原因は、潜在意識の底で「絶対に、誰にも見つからないように」、カギを何重にもかけて隠れています。

さらに、潜在意識の底からフォーカル・ジストニアの原因を引っ張り出そうとすると、「絶対に、外に出たくない!」と必死に抵抗してきます。

ある意味、タイタニック号に到達する方がよほどラクかもしれません(^^;。

しかし、心理療法で丁寧に心の傷を癒していくことで、やがてフォーカル・ジストニアの原因にたどり着くことができます。

毎日一生懸命心理療法で心の傷を癒すことで、2~3年後には誰でも完治できるでしょう。

「完璧主義が止められません・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

>>>「あがり症克服セミナー」詳しくはコチラから

「あがり症克服無料講座」であがり症の不安を無くしましょう!