私が定位脳手術に大反対する理由

Pocket

私は、自分自身のひどいあがり症を、自力で開発した心理療法で完治しました。

私のあがり症の症状は、それはひどいものでした。

手足は暴れ馬のようにガクガクブルブル震え、全身から滝のように流れる大量の発汗、口から心臓が飛び出しそうなほどの激しい動悸、強い不安感、殺されそうな恐怖感、ど忘れ、声が上ずってひっくり返る・・・と、ありとあらゆる症状に悩まされていました。

しかし、心理療法で自分の潜在意識を探るうちに、それらのひどい症状の原因が過去のトラウマにあることが分かりました。

時間はかかりましたが、心理療法で全てのトラウマを癒すことで、ひどいあがり症を完治することができました。

そして、その経験を基に、心理療法であがり症やフォーカル・ジストニア、書痙や痙性斜頸に悩む方を治療しています。

当然、私は定位脳手術に反対の立場です。

なぜ、私が定位脳手術に大反対しているのか、理由を説明します。

1番は、フォーカル・ジストニアはあがり症をと同じで心因性の症状であり、したがって心理療法で治すことが自然であり、かつ正しいものだという信念があるからです。

2番目は、「10人に1人が失敗し、15人に1人が再発する」という、100%安全で確実なものではないことです。

ここで言う「失敗」とは、「フォーカル・ジストニアが治らなかった」という意味ではありません。

「失敗」とは、「治らなかったどころか、深刻な後遺症が出てしまった」という意味です。

ある人は、定位脳手術の後遺症で呂律が回らなくなりました。

また、ある人は何もないところで足がもつれるようになり、すぐに転んでしまうようになりました。

その結果、日常生活では杖が手放せないようになりました。

このような後遺症が出てしまっては、演奏活動どころではありません。

また、医師によると、「術後3ヶ月以内に再発が無ければ完治」としているようです。

つまり、4ヶ月以降に再発した人は、「15人に1人」にカウントされていない可能性があります。

もっと長いスパンで考えれば、再発率はもっと高くなる可能性があります。

実際、ある人は右手の書痙のために定位脳手術を受けたところ、手術から2年後に、今度は左手に書痙の症状が出るようになってしまいました。

この人は、右手の書痙こそ治ったものの、足がもつれるという深刻な後遺症が出てしまいました。

確かに、「右手の書痙は治った」という事実だけ見れば、定位脳手術は成功した、と言えるでしょう。

しかし、定位脳手術から2年後に、今度は左手に書痙の症状に襲われ、かつ後遺症に悩まされるようになったまま・・・という状況では、果たしてこの人は定位脳手術を受ける必要があったのでしょうか?

それに、私はフォーカル・ジストニアの原因は「愛される価値が失われる恐れ」だと思っています。

したがって、手術を受けて完治しても、また「愛される価値が失われる恐れ」に直面すれば、再発率は100%だと思います。

このように、手術の失敗による深刻な後遺症や、再発の可能性を考慮すると、私が定位脳手術に大反対している気持ちもお分かりいただけることでしょう。

私のクライアントは、表向きは「フォーカル・ジストニアを治したい」という動機でカウンセリングを受けられます。

しかし、クライアントの100%と言っていいほど、「自分で自分を好きになれない苦しみや辛さ」をカウンセリングの場で訴えてきます。

今まで誰にも打ち明けることができなかった苦しみを分かってくれる人にやっと巡り合えた・・・そんな安堵の気持ちからか、カウンセリング中に泣き出してしまうクライアントも珍しくありません。

フォーカル・ジストニアの原因は、この「自分を好きになれない苦しみ」でもあります。

当然、定位脳手術では「自分を好きになれない苦しみ」を救うことはできません。

たとえ定位脳手術でフォーカル・ジストニアが治ったとしても、「自分を好きになれない苦しみ」には、ずっと苦しめられることになるのです。

「10人に1人」の、ロシアンルーレットのような定位脳手術に賭けるか、「自分を好きになれない苦しみ」から永遠に解放され、その結果としてフォーカル・ジストニアが完治するか・・・答えは明らかだと思います。

「自分を好きになれない苦しみから解放されたいです・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

カテゴリー: あがり症の原因 パーマリンク