フォーカル・ジストニアが治るとき

Pocket

フォーカル・ジストニアが治るとき

よく、「いつになったら、あがり症、フォーカル・ジストニアは完治しますか?」というご質問を頂きます。

この質問に関しては「トラウマやコンプレックス、自分を否定する間違った思い込み等の全ての原因を癒やしたとき」とお答えしています。

が、それでは味気無いのでもう一つ。

それは、「あなたのお母さんを、心から愛せるようになったとき」です。

あがり症、フォーカル・ジストニア、その他全ての心身症は、「自分を愛せないこと」が原因です。

自分を愛せないことの原因は、大抵親に対する葛藤にあります。

したがって、フォーカル・ジストニアを治療するためには、両親に対する葛藤を手放す必要があります。

フォーカル・ジストニアの原因ー両親に対する葛藤

私がこれまでカウンセリングしてきたクライアントは、すべて両親に対して葛藤がありました。

ある人の親は、始終子供をガミガミと叱りつけていました。

ある人の親は、「教育」と称して子供に体罰を与えていました。

ある人の親は、他の子どもの世話にかまけて、クライアントをほったらかしにしていました。

ある人の親は、仕事の忙しさにかまけて、子供の心をほったらかしにしていました。

彼らの親が悪気があろうとなかろうと、子供に対するこれらの行動は「あなたは、価値のない存在です」というメッセージを子供に与えます。

このメッセージを親から受け取った子供は、「ありのままの自分」を愛せなくなります。

そして、ちょっとしたことでストレスが溜まったり、プレッシャーを感じてパニック状態になります。

そして、ストレスやプレッシャーを感じ続けたある日、限界値を超えるときがきます。

フォーカル・ジストニアの原因ードーパミンとアセチルコリンのバランス異常

人間の脳は、ストレスやプレッシャーを感じると、ノルアドレナリンやドーパミンが分泌されます。

また、ノルアドレナリンが分泌されると、アセチルコリンが低下します。

ドーパミンとアセチルコリンは、共に随意運動の発現を制御します。


体を動かすためには筋肉が収縮する必要がありますが、その命令を伝える神経と、筋肉とが接する場所を神経筋接合部、と言います。

「手を動かしなさい」という命令が神経を伝わって神経の先端である神経終末まで来ると、そこでアセチルコリンという物質が神経筋接合部に放出されます。

アセチルコリンが筋肉側にあるアセチルコリン受容体に結合することで筋肉の収縮がおこります。

出典:「重症筋無力症」疾患概要

ストレスやプレッシャーが限界値を超えると、ドーパミンとアセチルコリンのバランスも崩壊します。

そして、フォーカル・ジストニアが発症します。

フォーカル・ジストニアの治療ー本物の自尊心を養う

フォーカル・ジストニアを治療するためには、両親に対する葛藤を癒し、「私は、ありのままの姿で価値がある」という本物の自尊心を養う必要があります。

本物の自尊心を養うことができれば、ちょっとしたことでストレスやプレッシャーが溜まらなくなります。

「ストレスやプレッシャーに強い脳」を育てることができれば、ノルアドレナリンも過剰分泌されなくなります。

そうすれば、ドーパミンとアセチルコリンのバランスも正常に戻ります。

したがって、両親の過去の過ちを赦し、心から愛し、自分を好きになることが必要なのです。

フォーカル・ジストニアの治療ー「赦しは、母のためならず」

5月の第2日曜日は「母の日」ですね。

お母さんとすぐに会える方も、お母さんが地方に住んでいてなかなか会えない方、事情があって会えない方も、心から「私を産んでくれて、ありがとう」と言える自分を目指して下さい。

きっと、今は「お母さんに感謝なんて、絶対にイヤ!」「お母さんの顔なんて、見たくもない!」と、拒絶反応される方も多いかと思います(;^_^A。

「情けは人の為ならず」と同様、「赦しは母の為ならず」です。

あなたが私の言ったことを完全に理解し、お母さんを赦すことができたとき、あがり症やフォーカル・ジストニアは完治します。

そのとき、人生からのたくさんのギフトを手にしている自分に気が付くはずです。

「お母さんを赦すことができません・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

「あがり症克服無料講座」であがり症の不安を無くしましょう!
カテゴリー: focal dystonia, フォーカル・ジストニア パーマリンク