Pocket

deep-thought-1296377_640

A.現在、他のカウンセラーが行うセラピーは「インナーチャイルド・セラピー」が主流です。

インナーチャイルド・セラピーは、クライアントが子供の頃に両親から受けた心の傷を
癒すために、イメージングで過去のそのときに戻ります。

そして、そのときに両親に言えなかった気持ちを吐き出してもらいます。

 

クライアントが何十年も抱えてきた、両親に対する怒りや憎しみ、悲しみを1度に吐き出すので、怒ったり泣きわめいたりと、精神的に激しく消耗します。

2時間のカウンセリングの間、1時間は泣きっぱなしで、残りの1時間は放心状態になります。

そしてその後も、ほぼ1日中、放心状態で何も手がつけられなくなります。

その姿は、まるで廃人のようです。

 

インナーチャイルド・セラピーは、原因が分かっている場合はある程度は効果があります。

しかし、原因が自分でもよく分からない場合は、当然のことながらあまり効果はありません。

 

これに対して、私が行うマジック・セラピーは、インナーチャイルド・セラピーと同様に、両親に対する怒りや憎しみ、悲しみを吐き出してもらいますが、脳で別のものをイメージングして、その別人格に自分の身代わりとなってもらいます。

その別人格が両親に対する怒りや憎しみ、悲しみを吐き出すので、自分はちっとも疲れませんが、結果的にスッキリします。

また、両親に対して怒りや憎しみ、悲しみを吐き出すことに、インナーチャイルド・セラピーだと後ろめたさがあります。

 

でも、マジック・セラピーでは別人格が吐き出すので、罪悪感がありません。

そのため、好きなだけ怒ったり泣いたりできます。

 

インナーチャイルド・セラピーは、トラウマがぶり返すこともあります。

しかし、マジック・セラピーはトラウマがぶり返すことがありません。

 

マジック・セラピーは、溜め込んだマイナスの感情を徹底的に放出させることができるからです。

トラウマがぶり返すことが一切ないこと、これがマジック・セラピーの最大の特徴です。

「このモヤモヤした気持ちを、いいかげんスッキリさせたい!」
そう思ったら、お気軽にお問合せください。

まずは、無料相談からどうぞ。

<<<無料相談のお申し込みはコチラから