Pocket

RADWIMPSのドラマー、山口智史さんのフォーカル・ジストニアが「リハビリを続けながら回復と悪化を繰り返し、ついに2015年9月に無期限休養に入った」というブログ記事を先日UPしました。

関連記事:「RADWIMPS 山口智史さんのフォーカル・ジストニア」

 

なぜ、山口智史さんのフォーカル・ジストニアはリハビリを続けながら悪化し、ついには演奏家生命を絶たれたのでしょうか?

その理由は、「フォーカル・ジストニアは心因性の病気なので、リハビリに意味が無い」からです。

 

人間の脳は「恐怖」を感じ取ると異常な身体症状を起こします。

これまでフォーカル・ジストニアに悩む様々なクライアントのご相談を伺ってきました。

 

クライアントの全員に共通しているのは、「フォーカル・ジストニア発症時、オフィシャルまたはプライベートで、何らかのストレスに悩まされていた」ことです。

そのストレスの内容も、仕事のプレッシャーや人間関係のトラブルなど、人によって多岐に渡ります。

しかし、面談カウンセリングでフォーカル・ジストニアの原因となったストレスを明らかにし、心理療法でストレスを癒すことで、指が動くようになったことを確認してきました。

関連記事:「フォーカル・ジストニア治療中間報告」

 

最も早く効果が出た人で、治療の翌日に「長年悩まされてきた指の違和感が消失した」という方がいらっしゃいます。

フォーカル・ジストニアの原因となったストレスは、仕事のプレッシャーや人間関係のトラブルなど、一見すると脈絡が無いもののように思われます。

表面的なできごとだけ見れば、それらの原因に何らの共通項も見出すことはできないでしょう。

 

しかし、潜在意識のレベルでそれらのできごとを見れば、「たった1つの共通項」が見えてきます。

それは、「愛される価値が失われてしまう恐怖」です。

 

仕事のプレッシャーや人間関係のトラブルなど、大人になれば誰でも体験することです。

しかし、それらのストレスを感じた人の全員がフォーカル・ジストニアになる訳ではありませんよね。

 

フォーカル・ジストニアを発症する人は、過去に「愛されるために」何らかの生きる姿勢を身に付けています。

その「生きる姿勢」を否定されることは、その人にとって実質的な「死刑宣告」に等しいものがあります。

したがって、その「生きる姿勢」が脅かされるような状況に置かれることは、人間の脳に耐え難い恐怖や苦痛をもたらすことになります。

 

そして、その恐怖から逃げるためにフォーカル・ジストニアを発症してしまうのです。

 

山口さんも、おそらく仕事のプレッシャーや人間関係のトラブルで、何らかの「生きる姿勢」を脅かされたことがあったのだろうと思います。

そして、そのことが原因となってフォーカル・ジストニアを発症し、悪化させてしまったのだろうと思います。

したがって、山口さんのフォーカル・ジストニアを治療するためには、山口さんの「生きる姿勢」を脅かしたストレスの正体を明らかにし、山口さんの脳が受けた恐怖を癒すことです。

 

 

「治療を続ければ続けるほど、フォーカル・ジストニアが悪化してしまいました」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

<<<無料相談のお申し込みはコチラから

<<<「フォーカル・ジストニア完治を目指す会」詳しくはコチラから

<<<「あがり症・フォーカル・ジストニア克服セミナー」詳しくはコチラから