Pocket

chorus-515897_640

Nさんは、20年以上前から発声の悩みを抱えていました。

中学生のとき、コーラス部に所属していたNさんは、歌の上手さを買われ、プロオーケストラ所属の合唱団で活躍するほどでした。

 

ところが、あるときを境に、中低音が全く出せなくなってしまったのです。

それから、Nさんの歌はどんどんひどくなりました。

今では、前奏が終わり、歌い出しの瞬間から声が割れてしまい、歌えなくなってしまうそうなのです。

 

Nさんからお話をうかがった私は、歌えなくなった原因はNさんの完璧主義にあると思いました。

そこで、Nさんに思い当たる節はあるかどうかをたずねました。

すると、Nさんは「母親の教育のせいだと思います」と告白されました。

 

Nさんのお母様は教育にとても厳しく、「できて当たり前」という態度で接し、できないと厳しく叱られたそうです。

このように教育に厳しい母親から育てられた子どもは「いつも完璧じゃないといけない。完璧じゃないとお母さんに愛されない」と思い込みます。

このような子どもが成長すると、失敗を極端に恐れるようになります。

そして、失敗を恐れるあまりに引きこもりになるか、完璧を目指して完璧主義に陥ります。

Nさんの場合は後者でした。

 

「いつも完璧じゃないといけない」という思い込みが、「完璧に歌えない自分に価値はない」という思い込みにつながり、それが発声時頸部ジストニアという症状を起こしていたのです。

そこで、私はNさんの完璧主義の原因になった、お母様との葛藤をマジック・セラピーで癒しました。

 

治療が終わり、Nさんに感想をたずねました。

Nさんは、「母に対する、今までの疑念が氷解した思いです」と仰いました。

 

Nさんのお母様のように子どもの教育に厳しい人は、自分を好きになれない人が多い傾向があります。

自分を好きになれない人は、「人と自分との違い」を認めることができません。

違いを認めると、自分を否定されたような気がするからです。

そのことは自分の子どもに対しても当てはまります。

というよりむしろ、「自分の子どもであるが故に」子どもの自由を許すことができないのです。

 

私はNさんに「心の緊張が体の緊張に繋がります。体の緊張が喉の緊張へ繋がり、それが発声時頸部ジストニアという症状を起こしていたのですよ。完璧主義を直せば、心は自由になります。そして、自由な心が自由な歌を生むことができるんですね」と説明しました。

私の説明にNさんは納得されたご様子でした。

 

セラピーの効果はセッションの翌日から2、3週間のうちに必ず現れます。

しばらく治療の経過を観察し、残りの原因を次回のセッションで癒すことにして、この日の治療は終了しました。

 

「発声がボロボロで、まともに歌えません・・・」
そんな悩みをお持ちの方は、「フォーカル・ジストニア相談会」へどうぞ。

 

 関連記事:シンガーソングライター・Tさんの発声時頸部ジストニア治療記録
point029_01 関連記事:心理療法を用いたフォーカル・ジストニアの治療
point029_07 関連記事:ギタリストNさんのフォーカル・ジストニア治療記録・1
point029_05 関連記事:ギタリストSさんのフォーカル・ジストニア治療記録・1
point029_03 関連記事:クラリネット奏者Aさんのフォーカル・ジストニア治療記録・1