Pocket

piano-315012_640

ある日のTVで、「フォーカル・ジストニア」という 症状に悩むピアニストの姿が映されていました。

ジストニアにもいろんな種類があるようですが、その番組では「局所性ジストニア」について紹介していました。

「局所性ジストニア」とは、音楽家や職人さんのように、特定の動作を繰り返し行う人に現れる身体症状です。

 

ジストニアの患者数は全国で2万人もいるそうです。

 

そのピアニストさんは、譜めくりでは普通に右手が動くのに、ピアノ演奏では動かなくなってしまうのです。

普段の生活では問題なく動くのに、ピアノ演奏のときだけ、右手が動かなくなる・・・

そうだとすれば、あがり症と同様、メンタルに原因があることは明らかです。

*TVに出ていた医師は「身体の病気」と言っていましたが、運動機能に問題があるなら、日常生活でも一日中動かないはずですよね。

 

そのピアニストさんは「上手く弾けなかったら、どうしよう?と思ってから右手が動かなくなった」とおっしゃっていました。

これは、このピアニストさんが失敗恐怖症であることの何よりの証拠です。

 

失敗恐怖症とは、「失敗することで、自分の価値が損なわれるのではないか?」と恐れるあまりに、何も行動に移せなくなってしまうことです。

 

失敗恐怖症は、真面目すぎる人、完璧主義の人に多い傾向があります。

冷静に考えれば、一度も失敗したことのない人なんていないし、また失敗したからと言って、それで「この世の終わり」ということはあり得ません。

ところが、失敗恐怖症の人は自己肯定感が低すぎる傾向があるので、少しのミスも許せないのです。

 

フォーカル・ジストニアに悩む音楽家をカウンセリングした結果、全員がフォーカル・ジストニア発症時に何らかの強いストレスやプレッシャーを感じていました。

大人になれば、誰でもストレスやプレッシャーはつきものです。

 

しかし、自己肯定感の低い人は、ストレスやプレッシャーに極端に弱い傾向があります。

いわゆる「メンタルの強い人」なら何でもないところを、自己肯定感の低い人はストレスやプレッシャーの影響をモロに受けてしまいます。

その結果、フォーカル・ジストニアになってしまうのです。

 

したがって、フォーカル・ジストニアの治療は

1.心理療法で自己肯定感を高める。

2.ジストニア発症時に受けたストレスやプレッシャーを癒す。

の2つが中心になります。

 

自己肯定感が高まることで、ストレスやプレッシャーに強くなります。

また、ジストニア発症時に受けたストレスやプレッシャーを癒すことで、脳が恐怖を感じなくなり、指は再び動くようになります。

ミスを恐れなくなることで、かえって自分に自信がつき、演奏スタイルも伸び伸びと、リラックスしたものになるでしょう。

 

「失敗したら、どうしよう?と思ってからフォーカル・ジストニアになってしまいました」
そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

>>>無料相談のお申し込みはコチラから

 「フォーカル・ジストニア完治を目指す会」詳しくはコチラから

music01-016 関連記事:舞台恐怖症とアレキサンダー・テクニーク
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアの原因
music01-016 関連記事:ジストニアという名の演奏恐怖症
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアの治療
music01-016 関連記事:クラリネット奏者Aさんのフォーカル・ジストニア治療記録・1
music01-016 関連記事:ギタリストSさんのフォーカル・ジストニア治療記録・1
music01-016 関連記事:ギタリストNさんのフォーカル・ジストニア治療