Pocket

music-1283851_640
声楽家や演奏家には、「職業病」とでも言うべき病気があります。

声楽家は声帯ポリープ、また演奏家は腱鞘炎があります。

声帯ポリープは、間違った喉の使い方により、声帯を酷使したことで起こります。

ピアニストやギタリストに多い腱鞘炎は、やはり手や腕に無理な力を入れて、練習をし過ぎたことが原因で起こります。

これらの病気は、主に「間違った演奏フォーム、発声法による力の入れ過ぎ」で起こります。

 

これらの他に、演奏家に特有の「局所性ジストニア(フォーカル・ジストニア)」という病気があります。

「ジストニアのピアニスト」でも少し述べましたが、この病気になると、譜めくりでは問題なく右手が使えるのに、ピアノ演奏になると、途端に右手が動かなくなってしまうのです。

関連記事:「ジストニアのピアニスト」

それぞれの立場でこの病気に関して様々な見解があるようですが、私はフォーカル・ジストニアは「演奏恐怖症」だと思います。

 

あがり症の原因は 視線恐怖症対人恐怖症失敗恐怖症あがり恐怖症の4つです。

演奏恐怖症の原因は、失敗恐怖症だろうと思われます。

失敗恐怖症が原因のあがり症の人は、ステージでたくさんの人から注目を浴びると、「また、あがって失敗したらどうしよう?」という恐怖を感じて、手足がブルブル震えたり、大量の発汗をしたり、かすれ声になったり、激しい動悸がしたりします。

 

私の場合、レッスンでは問題なく高音がだせます。

でも、発表会で歌おうとすると、どこからか「見えない手」がヌーッと現れてきて、両手で私の喉元をグイグイ締め付けてくるような感覚に襲われます。

そして、喉元を締め付けられるあまりの苦しさに、声が出せなくなってしまいます。

関連記事:Nさんの発声時頸部ジストニア治療記録・1

 

フォーカル・ジストニアの人もこれと同じメカニズムだと思います。

ジストニアのピアニスト」のピアニストさんは、「『上手く弾けなかったら、どうしよう?』と思ってから、右手が動かなくなった」とおっしゃっていました。

この「上手く弾けなかったら、どうしよう?」こそが、失敗恐怖症なのです。

失敗恐怖症の人が何よりも恐れていること、それは人前で失敗することで自分の価値が損なわれることです。

 

脳は、演奏でミスして失敗するよりは、演奏そのものを諦めさせようとして、右手を動かなくさせます。

私の喉元がグイグイ締め付けられたのも、これと同じメカニズムです。

その証拠に、失敗恐怖症をマジック・セラピーで癒したら、「見えない手」は途端に消え去りました。

私は喉元を締め付けられることもなく、ステージで高音を思い切り出せるようになったのです。

 

したがって、フォーカル・ジストニアの治療も、失敗恐怖症を癒すことが中心になります。

music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニア治療中間報告
music01-016 関連記事:ジストニアのピアニスト
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアの原因
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアの新しい治療法
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアとかすれ声
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアとアレキサンダー・テクニーク

text015_10 「あがり症何でも相談会」お問い合わせはコチラから

text014_09 「あがり症演奏会」詳しくはコチラから

 「フォーカル・ジストニアの完治を目指す会」詳しくはコチラから


無料相談バナー