Pocket

シンガーソングライターのTさんは、3ヶ月前から突然中低音の声が途切れたり、裏返るようになりました。

今では、力まないと声を出せなくなってしまったそうです。

シンガーソングライターとしてようやく自活できるようになったばかりのTさんは、あちこちの病院を受診したり、リハビリ療法に通ったりしました。

しかし、一向に発声が良くならず、困り果てて私のもとを訪れました。

 

Tさんの発声時頸部ジストニアが発症した頃のお話を一通り伺った後、私はTさんに発声時頸部ジストニアの原因を説明しました。

「たとえば、声帯ポリープや咽頭炎など、発声器官に障害がある場合を除き、発声の不調は100%心因性です。したがって、発声時頸部ジストニアの治療は、発声にブロックをかけているものが何なのか、その原因を探し、心理療法で癒すことになります」

 

それから、Tさんの現在の発声の不調を確認するために、Tさんに歌を歌ってもらいました。

最初の発声は、どこか「発声にブレーキがかかっている」という印象を受けました。

 

そこで、Tさんが発声時頸部ジストニアを発症するときに抱えていた、様々なストレスやプレッシャーを心理療法で癒しました。

その後、再びTさんに先ほどと同じ歌を歌ってもらいました。

すると、「1回目と比較して、かなり発声のブレーキが外れ、自由な発声を取り戻している」印象を受けました。

Tさんも、短時間で自分の発声が変わったことに驚きを隠せないご様子でした。

 

しかし、まだまだ本調子ではないご様子でしたので、さらにTさんが抱えている不安を取り除くことにしました。

Tさんは、私のもとを訪れる前、とある大きなイベントに招聘されて、ゲストシンガーとして参加しました。

ところが、発声時頸部ジストニアのせいで、そのときの歌はかなり悲惨な状況になってしまったそうです。

 

せっかく自分を招聘してくれた主催者に申し訳ない、という思いと共に、Tさんは「出だしの第1声がちゃんと出せるのか」という不安を抱えてしまいました。

そこで、さらにこの不安を心理療法で癒しました。

最後に、またTさんに同じ歌を歌ってもらいました。

 

すると、Tさんの発声はまるで「バズーカ砲のように」劇的に変化しました。

これには、Tさんも感激し、「すごい!」「信じられない!」「これです!この発声が、私が発声時頸部ジストニアを発症する前の、本来の私の発声です!」と興奮に包まれました。

自画自賛状態ですが(^^;、私自身もTさんの発声がたった2時間で劇的に変化したことに驚き、嬉しく思いました。

 

私はTさんに「恐怖や不安が、発声にロックをかける原因となります。これから、もしまた発声に不調を感じるようなことがあれば、恐怖や不安を癒してくださいね」とアドバイスしました。

 

発声時頸部ジストニアに限らず、フォーカル・ジストニア、また本態性ジストニアも、発症の際には「恐怖や不安」が大きく関与しています。

もしあなたが発声時頸部ジストニアやフォーカル・ジストニア、また本態性ジストニアにお悩みなら、あなたが抱えている「恐怖や不安」の正体を明らかにしてください。

答えが見つかったとき、Tさんのようにあなたの症状は一瞬にして消え去ることでしょう。

 

「もう何年も、発声時頸部ジストニアに悩んでいます・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

<<<無料相談のお申し込みはコチラから

<<<カウンセリングのご予約はコチラから

<<<「フォーカル・ジストニア克服セミナー」詳しくはコチラから