あがり症を克服するための心理療法 psycological therapy for overcoming stage fright

私のあがり症克服記

  • HOME »
  • 私のあがり症克服記
Pocket

  私のあがり症克服記

 

自分がひどいあがり症だと分かってから、試行錯誤を繰り返しながら治すのに結局10年かかりました。

あがり症発覚から完治に至るまでを年表にしたので、参考にしてみてください。

2004年
ひょんなことから、クラシック・ギターを習うことになる。

2005年
人生で初めての発表会に参加する。

そのとき、指がガタガタ震え出し、1曲もまともに弾けずに終わる。

自分がひどいあがり症だということに初めて気が付き、茫然自失状態になる。

その後3年間毎年、発表会は散々な結果に終わる。

2008年
クラシック・ギターから声楽に転向する。

声楽の発表会でも手足がガクガクブルブル震え、全身から大量の汗をかき、声は上ずり、歌詞をど忘れする。

2009年
「何とかして、ひどいあがり症を治したい・・・」という気持ちが芽生える。

飛び入り参加できるクラシック音楽専門ステージにチャレンジする。

「場数を踏んで、あがり症を治そう」と思うものの、 結局何の効果も無いことが分かる。

EFT(タッピング・セラピー)と出会う。

「90%の人に効果がある」というEFTに一縷の望みをかけるが、あっという間にあがり症がぶり返し、再び絶望の底に沈む。

2010年

6月、「こうなったら、自分で何とかしよう!」と思い立ち、カウンセリングの勉強を始める。

8月、フォーカシングの研究をしているうちに、マジック・セラピーを開発する。

あがり症の原因が過去のできごとに起因するトラウマだと分かる。

マジック・セラピーで徹底的に過去のトラウマを癒す。

2012年

サントリー・ホールの小ホールに立ち、手足の震え、全身の発汗が治ったのを実感する。

2013年

1度は治ったと思ったあがり症がまたぶり返す。

研究の結果、あがり恐怖症になっていたことが分かる。

2014年

あがり恐怖症を治し、完全にあがり症を克服する。

たくさんの人を前にして、堂々とプレゼンできるように。

今では、
「たくさんの人を前にして、自分の思いを伝えるのって楽しい!」 と思えるようになりました。

 

あがり症を治すのは正直大変ですが、やればやっただけの見返りは保証します。

あがり症を治すということは、「今までの自分の在り方を変える」ということでもあります。

なので、自分を好きになれない部分、治したいと思っていた部分も治るようになります。

 

「私もあがり症を治したい・・・」

そう思ったら、まずは無料相談からどうぞ。

無料相談バナー

関連記事:「私のあがり症の原因」

無料メルマガ「あがり症を治して夢を叶える方法」<<<詳しくはコチラから

 

 

PAGETOP