重要記事:ビジネスあがり症に気を付けて!

theater-105574_640

私の考えでは、アレキサンダー・テクニークの創始者のアレキサンダーさんの「舞台上で突然声がでなくなる」という症状は、舞台恐怖症による「発声時頸部ジストニア」だと考えて間違いない、と思います。

Nさんの発声時頸部ジストニア治療記録・1

 

そもそも、呼吸器に障害がある等、病気以外で声が出なくなるという症状は、100%心因性です(失声症、吃音症、場面緘黙等)。

舞台恐怖症は、失敗恐怖症の一つです。

失敗恐怖症の人は「自分には才能なんて、無いのではないか?」という恐れを抱えています。

その恐怖が極限に達すると、身体の一部が動かなくなります。

関連記事:ジストニアのピアニスト

 

このとき、失敗恐怖症の脳は「失敗させることで、才能が無いことへの恐れから目を背けさせよう」とします。

 

人間の脳は「自分には愛される価値なんて、無いのではないか?」ということを1番恐れています。

愛される価値が無いと、助け合って生きていく共同社会では「死」を意味していたからです。

「愛される価値=才能」と考えている人にとっては、「役者の才能がない」=「生きる価値が無い」ということになります。

このような人にとって、「自分には、才能が無い」という事実に直面することは「死刑宣告」に等しいのです。

 

つまり、アレキサンダーさんは「自分には役者の才能なんて、無いのではないか?」という恐れに直面したことで、声が出なくなった―「発声時頸部ジストニア」という症状が発生したのだと思います。

なぜそう思ったかと言うと、アレキサンダーさんは、声が出るようになった後、その経験を生かしてアレキサンダー・テクニークの普及に努めたからです。

 

あなたなら、「無事に手が動くようになった」→「本業のピアニストに復帰しよう!」と思うでしょう?

私も、「無事に声が出るようになった」→「声楽のコンクールに出まくるぞ!」と思います。

ところが、アレキサンダーさんはそうしなかった―なぜなら、「自分には、役者の才能なんて、無いのではないか?」という恐れを現実化したからです。

 

アレキサンダー・テクニークの普及に努めていれば、本業の役者から逃げる言い訳になります。

「才能が無いことへの恐れ」から逃げるための口実として、アレキサンダー・テクニークの普及に死に物狂いで没頭したことでしょう。

役者の仕事から逃げれば逃げるほど、気分は安定し、声も出るようになったはずです。

彼の声が出るようになったのは「日常の習慣的な動作による頭や首の緊張云々」ではなく、役者の仕事から離れたことで、舞台恐怖症からも同時に逃げられたからです。

 

つまり、アレキサンダー・テクニークとは、アレキサンダーさんの失敗恐怖症を緩和する、「精神安定剤」のような役割を果たしていたのだろうと思います。

 

「自分には、才能なんて、無いのではないか?」という恐れは、100%ただの思い込みです。

思い込みは心理療法で癒して、超一流の演奏家、役者、アーティストとして活躍されればよいのです。

music01-016 あがり症とアレキサンダー・テクニーク
music01-016 ステージ恐怖症を克服する
music01-016 ジストニアという名の演奏恐怖症
music01-016 ジストニアのピアニスト

「自分も、超一流のアーティストになりたい!」そんなご希望をお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

無料相談バナー

text015_10 「あがり症何でも相談会」お問い合わせはコチラから

 「フォーカル・ジストニア完治を目指す会」詳しくはコチラから

point029_07 無料メルマガ「あがり症を治して夢を叶える方法」詳しくはコチラから

point029_03 「あがり症演奏会」ご案内はコチラから