Pocket

舞台俳優のMさんは、2012年5月頃、首の右側に違和感を覚えるようになりました。

気になったMさんは、あちこちの病院を受診しました。

その結果、神経内科の医師から「痙性斜頸」と診断されました。

 

そのときは精神安定剤を処方されましたが、薬を飲むことに抵抗のあったMさんは、1度飲んだだけで服用を止めました。

その後、催眠療法、鍼、カイロプラクティック等の治療を受けましたが、痙性斜頸は一向に改善されませんでした。

今では、一人で家にいるときでも、首が右側に引っ張られてしまうそうです。

困り果てたMさんは、ネットを検索しているうちに私のサイトへとたどり着きました。

関連記事:本態性ジストニアー形成斜頸の原因と治療法

 

私は、Mさんに痙性斜頸の原因と思われる、ストレスやプレッシャーに心当たりがあるかどうかを尋ねました。

すると、Mさんは、痙性斜頸発症時に感じていた様々なストレスやプレッシャーについて話してくださいました。

 

Mさんは、劇団のトップを務めるという、責任の重い立場にいました。

Mさんの年齢や芸歴から考えると、Mさんは「ベテラン」の存在です。

ベテランともなれば、役者としても脂が乗ってきて、役者業が楽しくてたまらないはずです。

 

しかし、Mさんは、新人の役者の台頭に焦りを感じていました。

年齢が違えば、役者として出す「味」もまた変わってきます。

Mさんには、Mさんしか出せない役者としての「味」があります。

 

ところが、Mさんは「ないものねだり」のように、自分と若い役者とを比較して、焦ってプレッシャーを感じていました。

Mさんのようにありのままの自分を肯定できない人は、子供の頃の両親との関係に原因があります。

そこで、私はMさんの子供の頃のお話をお伺いしました。

 

Mさんのご両親は共働きでした。

Mさんには、Mさんを長男として、2人の弟さんがいました。

ところが、Mさんの弟さんは、仕事で忙しいお母様に反発するようになりました。

 

やがて、「ヤンチャ」をするようになってしまったそうです。

あるとき、弟さんが起こした事件のせいで、家に警官が訪れたことがあるそうです。

そのとき小学生だったMさんは、そのときのことに強いショックを受けました。

 

当然、Mさんのお母様も強いショックを受け、泣き崩れてしまったそうです。

その頃から「長男のオレがしっかりしなきゃ」と思い込むようになりました。

 

成長したMさんは、ひょんなことから役者の道を歩むことになりました。

弟さんたちのヤンチャも治まり、Mさんも弟さんも今ではそれぞれ家庭を持っています。

成人して、家庭を持つようになったら、もう「長男」としての役割からは解放されてもいいはずです。

 

しかし、Mさんの潜在意識には、「長男のオレがしっかりしなきゃ」という思いが強く刻み込まれていました。

役者としての自分の能力に限界を感じていたMさんは、「しっかりしなきゃ」という思いが強すぎるあまりに、痙性斜頸を発症してしまったのです。

 

人間の脳は、何らかの「恐怖」を感じ取ると、異常な身体症状を起こします。

Mさんの脳は、「これ以上役者を続けることは、自分の能力の無さを露呈することになる。そうすると、『優秀な役者でない自分には価値が無い』という恐れに繋がる。その怖れを回避するためには、役者業を諦めさせればいい」と判断して、痙性斜頸を起こしたのです。

 

Mさんからお話をお伺いした私は、Mさんが弟さんが起こした事件で受けた強いショックを心理療法で癒しました。

また、「長男のオレがしっかりしなきゃ」「みんなを喜ばせなければいけない」という思い込みを心理療法で修正しました。

Mさんには役者としての才能に自信が無かったようですので、役者としての才能に対する自信も心理療法でつけました。

 

カウンセリング後、Mさんは「痙性斜頸の原因が、そんな子供の頃にあったんですね。でも、言われてみれば、自分でもそんな気がします。痙性斜頸を、自分がもっと成長するために神様が与えた試練だと思って頑張ります」と仰っていました。

Mさんが全ての原因を癒し、役者としてさらに一回り成長したとき、Mさんは活躍の幅をかつてないほどに広げていることでしょう。

 

「痙性斜頸の原因が分かりません・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

<<<無料相談の詳しいご案内はコチラから

<<<料金とお支払いの詳しいご案内はコチラから

<<<カウンセリングのご予約はコチラから