Pocket

 

light-glass-lamp-idea

フォーカル・ジストニアの治療法として、 上智大学理工学部の准教授が、 こんな治療法を開発したようです。
http://www.natureasia.com/ja-jp/jobs/tokushu/detail/336

頭部に電極を貼り、2mAの電流を20分流すそうなのですが・・・

これを知って、「怖~い!」と思いました。

なお、この治療法はtDCSという治療法の応用らしいです。

tDCS(経頭蓋直流電気刺激)は、電極を用いて頭皮の上から軽い直流電流を流して脳の部位を刺激します。

鬱病患者や脳卒中の回復、また脳機能の向上の目的で使用されています。

tDCSはTMS(磁気刺激治療)と併用して用いられているようです。

tDCSもTMSも、1938年にイタリアで開発されたECT(電気けいれん療法)に端を発しています。

ECTは全身麻酔の後、筋弛緩剤を投与し、100Vの電流を5秒間頭部に流すことで、重度の鬱病を治療します。

しかし、ECTには以下の副作用があります。

1.認知障害(ECT直後や直前の記憶を無くす)
2.心血管系の障害(徐脈や心拍停止、血圧の低下、頻脈や血圧上昇、不整脈等)
3.躁転(躁鬱病のようにハイになること)
4.頭痛

ECTの効果に関しては疑問視する人も多く、ECT発祥地のイタリアでは禁止されています。

TMSはECTと比較すると、副作用も少ないようです。

TMSは現在厚生労働省において保険適用可の治療法として認定されていません。

ここで大きな疑問が残るのですが・・・

そもそも、鬱病とは過去の両親との関係において、「私は愛されていない。私には愛される価値なんてない」という間違ったセルフ・イメージが原因となって引き起こされる病気です。

*心理カウンセラーの間では「常識」だと思いますが、精神科医の間では「鬱病はセロトニンの不足によるもの」とされています。

関連記事:向精神薬で強い不安感が治らない理由①
関連記事:向精神薬で強い不安感が治らない理由②
関連記事:向精神薬で強い不安感が治らない理由③

頭に電流流しても、セルフ・イメージは改善しませんよね?

TMSやtDCSは副作用は少ないというものの、これらのことを踏まえると、果たしてフォーカル・ジストニアに劇的な効果があるのかどうか、その点も大いに疑問が残ります。

たとえ効果があったとしても、様々な副作用とひきかえということになります。

BBCニュースでは、 様々な副作用が紹介されています。

これによると、20歳以下の脳が完全に発達していない状態で用いることには危険性があるようです。

また、副作用として、白いフラッシュ(眼内閃光)、吐き気、頭痛と疲労、頭皮のうずきと赤みがあります。

このような現状で、tDCSを応用してフォーカル・ジストニアの治療として用いるのはいかがなものか・・・と、個人的には思います。

そもそも、フォーカル・ジストニアの原因はあがり症と同様、メンタルにある、と私は思っています。

私が開発したマジック・セラピーは、副作用は全くありません。

身体にも心にもとても優しく、セッション中、すぐに効果が現れます。

関連記事:フォーカル・ジストニア治療中間報告

4人の演奏家は、セッションの翌日~3週間以内に、指の違和感が消失し、動かなかった指は動くようになり、出なかった声は出るようになりました。

彼らは10~30年、フォーカル・ジストニアに悩み、様々な治療法を試してきました。

しかし、「どれも、まったく効果は無かった」そうです。

記憶障害を起こす危険性もあるかもしれない電気療法より、身体にも心にもとても優しいマジック・セラピーを私はお勧めします。

*鬱病治療でECTを検討されている方も、ご相談ください。

music01-016 関連記事:ギタリストNさんのフォーカル・ジストニア治療記録
music01-016 関連記事:ギタリストSさんのフォーカル・ジストニア治療記録
music01-016 関連記事:クラリネット奏者Aさんのフォーカル・ジストニア治療記録
music01-016 関連記事:舞台恐怖症とアレキサンダー・テクニーク
music01-016 関連記事:ジストニアのピアニスト
music01-016 関連記事:ジストニアという名の演奏恐怖症
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアの原因
music01-016 関連記事:フォーカル・ジストニアとかすれ声
music01-016 関連記事:あがり症とアレキサンダー・テクニーク

text015_10 「あがり症何でも相談会」お問い合わせはコチラから

 「フォーカル・ジストニア完治を目指す会」詳しくはコチラから


無料相談バナー