Pocket

「本態性振戦ー書痙の症状」

 

本態性振戦とは、震えのみが起こる症状です。

「本態性」とは、「原因がよく分からないもの」という意味です。

代表的なものに、「書痙」があります。

 

「書痙」とは、人前で文字を書くときに、ペンを持つ手がブルブル震える症状のことです。

たとえば、結婚式の披露宴会場の受付で自分の氏名を書くとき、学校の授業で先生に指名されて黒板に文字を書くとき、プレゼンでホワイトボードに文字を書くときなどに、手がブルブル震えます。

 

書痙が一晩で治った!

 

実は、恥ずかしながらカウンセラーとしてスタートしたばかりの頃、私は書痙で悩んでいたことがありました。

 

私はカウンセリング時、自分の思考をまとめるためにクライアントが話したことを簡単にメモ書きするようにしています。

しかし、そのとき右手がブルブル震えてしまったのです。

自分の右手の異変に気が付き、そのときはクライアントに見られないよう、あわてて右手をテーブルの下に隠しました。

が、書痙の原因に気が付き、それをセラピーで治療したところ、なんと1晩で治りました。

その原因とは「カウンセラーとして、完璧に話さなければならない」でした。

 

書痙の原因ー私を追い詰めていたものとは?

 

カウンセラーとしてスタートしたばかりなのですから、初めから完璧にできる訳ありません。

人は誰でも、失敗と練習を繰り返しながら成長するものです。

 

あがり症の原因の1つに、失敗恐怖症があります。

失敗恐怖症とは、自己評価が低すぎるあまりに人前での失敗を極端に恐れることです。

関連記事:「あがり症の原因ー失敗恐怖症」

 

ひどいあがり症だった私は、もちろん失敗恐怖症でした。

そのために、「誰かからのジャッジ」を人一倍恐れていました。

カウンセリングは、普通クライアントと一対一で行います。

 

私の書痙の原因は、「クライアントの前で完璧なカウンセラーとして話さなけれならない」という思い込みでした。

つまり、カウンセリングしながら「クライアントからジャッジされてしまう。完璧に話さなければ」と脅えるあまりに書痙になってしまったのです。

 

書痙の原因ーあなたを追い詰めているもの

 

この「完璧に話さなければジャッジされてしまう」という恐れをセラピーで治療したところ、書痙は1晩で治りました。

 

あなたが受付で自分の氏名を書くときや、ホワイトボードに文字を書くときに手がブルブル震えてしまう原因は、私と同様に「他人の目」を意識し過ぎてしまうことです。

「ちゃんと書かなければ、他人からジャッジされてしまう」「下手な字を書いたら、他人は私をバカにするだろう」そんな恐れが、あなたの手をブルブル震えさせているのです。

 

もし、あなたが書痙で悩んでいるのなら、「いったい、私は何を怖がっているのか?」を自問自答してください。

答えが見つかったとき、あなたの書痙は1晩で治ることでしょう。

 

 読むだけであがり症が治る!?「あがり症克服無料講座」のご案内はコチラから

 

「書痙で何十年も悩んでいます・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

<<<無料相談の詳しいご案内はコチラから

無料相談のご案内

<<<料金とお支払いの詳しいご案内はコチラから

料金とお支払方法

<<<カウンセリングのご予約はコチラから
https://reserva.be/counselingyoyaku1

 

メルマガ登録・解除
あがり症なんて、怖くない!~場数を踏んでもあがり症が治らない理由~
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ