Pocket

あがり症を治すために変えなければいけないこと

 

先日、ネットでとあるマナー講師が書いた「人前であがらないための本」なるものが紹介されていました。

 

そのマナー講師によると、「あがるのは、自分のことばかり考えていて、相手に対する気遣いが足りないから」だそうです。

社会人たる者、人前で話をするときに自分のことばかり考えてはいけない、話を聞いてくれる「相手」に意識をフォーカスすれば、あがらなくなる・・・という内容だったと思います。

あがり症の「何たるか」を知らない人にとっては、「なるほど、一理あるな」と思うかもしれません。

 

しかし、私はこの記事を読んで「ちょっと、待った~!!」と叫びたくなりました。

このマナー講師による言い分だと、あがり症になる人は「自分のことしか考えていない、周囲に気遣いできない、図々しい人間」のように聞こえます。

あがり症になる人の特徴

 

私のクライアントは、全員繊細で、真面目で勉強熱心で、周囲に気を使いすぎるほど気を使う、優しい人ばかりです。

もし、このマナー講師の言い分どおり、「他人に気を使わない、自分のことばかり考えている図々しい人間」だったら、そもそもあがり症にはならないと思います。

このサイトをご覧になっているあなたも、心の優しい、周囲に気を使う、勉強熱心な方ばかりだと思います。

あがり症の原因

 

人があがってしまうのは、「いつも完璧でなければいけない」「失敗することは、いけないことだ」という思い込みがあるからです。

そして、この思い込みは、大抵「子ども時代に、ありのままの自分を両親から愛してもらえなかった」寂しさや悲しさ、怒りが原因です。

 

つまり、「いつも完璧でなければいけない」という思い込みは、「そうしなかったら、親は私を愛してくれない」という思い込みがベースになっているのです。

ですから、あがり症に悩む人に「失敗したって、命まで取られる訳じゃないし」という慰めの言葉は、何の役にも立ちません。

 

「いつも完璧でなければいけない」という思い込みのせいで、発表会やプレゼンなど、たくさんの人を前にすると「もし、失敗したらどうしよう?」という怖れに襲われます。

失敗するかどうかは、その場に立ってみないと分かりません。

必ずしも100%成功が約束されている訳ではないので、「成功」か「失敗」か、可能性は五分五分です。

 

しかし、自分を肯定していない人にとっては、「成功する可能性50%」よりも、「失敗する可能性50%」の方が、耐え難い恐怖なのです。

自分を肯定している人は「成功する可能性50%」に目を向けます。

たとえ失敗しても「ま、いっか~」で済ませます。

 

ところが、「いつも完璧でなければいけない」という思い込みにとらわれている人にとっては、「失敗する可能性50%」は、ほぼ「死刑宣告」に等しいのです。

その恐怖がマックスになると、あがり症になります。

あがり症を治すために必要なこと

 

したがって、あがり症を治すには「相手に意識を向ける」のではなく、子ども時代に、ありのままの自分を愛してもらえなかった「寂しさや悲しさや怒り」を心理療法で癒すことです。

そして、「いつも完璧じゃなければいけない」という価値観から、「いつも完璧じゃなくても大丈夫なんだ」という価値観に変えることです。

 

「失敗したって、それが私の価値を下げる訳じゃないんだ」という新しい価値観が身に着くと、失敗してもそれほど落ち込まなくなります。

やがて、「失敗する可能性50%」よりも、「成功する可能性50%」に目を向けるようになります。

 

失敗を怖れなくなることで、心がリラックスするようになり、あがらなくなります。

「失敗する恐怖」から自由になることで、自然と意識は観客や聴衆に向けられるようになることでしょう。

まとめ

 

・あがり症になる人は、自分のことしか考えていない図々しい人間ではない。

・あがり症になる人は、子ども時代にありのままの自分を愛してもらえなかった「寂しさ」を抱えている。

・したがって、あがり症を治すために必要なことは、「ありのままの自分を愛してもらえなかった寂しさ」を心理療法で癒すことである。

・そして、「いつも完璧でなければならない」という価値観を「いつも完璧でなくても大丈夫なんだ」という価値観に変えることが必要である。

・そうすれば、「失敗することは恥ではない」「いつも完璧でなくても大丈夫だ」という新しい価値観が身に着くようになる。

・心がリラックスすることで、「たくさんの人を前にして、歌や楽器演奏、スピーチ」をしてもあがらなくなる。

 

 読むだけであがり症が治る!?「あがり症克服無料講座」のご案内はコチラから

「他人に気を使う性格なのに、あがります・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

<<<無料相談の詳しいご案内はコチラから

無料相談のご案内

<<<料金とお支払いの詳しいご案内はコチラから

料金とお支払方法

<<<カウンセリングのご予約はコチラから
https://reserva.be/counselingyoyaku1

「私は図々しい人間なんかじゃない!」
そう思ったら、ポチっと応援よろしくお願いしますm(__)m!


にほんブログ村