Pocket

あがり症を治すー呼吸法

 

呼吸法とは、呼吸の仕方で心や体の機能を
向上させることを目指す訓練法のことです。

私たちは普段何気なく呼吸をしていますが、
その呼吸を意識的に行うことで、
心身を鍛える効果を期待します。

呼吸法であがり症を治せる、と主張する人がいます。

深く息を吸うことで気持ちを落ち着かせ、
精神が安定することであがり症が治る、
とする考え方のようです。

呼吸法-合気道と声楽

世間には、様々な分野で呼吸法が
取り入れられています。

私は昔、合気道道場に月曜から金曜の毎朝2時間、
半年ほど通ったことがあります。

そこの道場で毎朝呼吸法を習いました。

呼吸法にも様々な流儀があるようですが、
そこの道場で習った方法は、まず鼻で深く空気を吸い、
丹田(へその指三本下あたり)に意識を集中させながら、
できるだけ長く息を吐く、というものでした。

また、声楽を6年習いましたが、声楽のレッスンでも
毎回呼吸法を練習しました。

声楽で習った呼吸法は、まず鼻で素早く空気を吸い、
横隔膜をふくらませながら、やはり丹田に意識を
集中させ、息をできるだけ遠くに飛ばすような感覚で、
「太く長く吐く」というものでした。

呼吸法の効果

私は合気道道場で半年、声楽で6年間、
それぞれ呼吸法をしっかり習いましたから、
呼吸法を知らない人と比較すると、
呼吸法に関しては知識もスキルもあるはずです。

それにも関わらず、呼吸法は私のあがり症を
治すのには全く役に立ちませんでした。

いざステージに立つと、呼吸法のことなんて
意識の外に飛びます。

はっきり言って、発表会やプレゼンの本番では、
「呼吸法なんかにかまっていられない」
が本音です。

発表会では歌詞を間違えないように歌うのが精いっぱいだし、
プレゼンでは自分が伝えたいことをみんなが聞き取りやすいように、
声を大きく、滑舌よく話すので精いっぱいです。

あがり症と呼吸法

いくら普段の生活で呼吸法を取り入れて精神を
落ち着かせていても、肝心の本番で発揮できなければ、
呼吸法は意味がありません。

そもそも、本番で落ち着いてのんびり呼吸法を
できる人間ならば、あがり症にはなりません。

したがって、呼吸法であがり症を治すことができる、
とする説には、私は大いに疑問を感じます。

 

point049_07 関連記事:あがり症を治す―ストレッチ

「あがり症を治すための、納得のいく説明がほしい」
「根拠のない民間療法なんて、信用できない」

そう思ったら、お気軽にお問合せください。


無料相談バナー