Pocket

 

speak-238488_640

発声法を学ぶことであがり症を治す-とする説を唱える人がいます。

あがり症の人は、声が震えたり、上ずってひっくり返ったりします。

発声法を学ぶことで、この声の震えを解消することができる、と考えたのでしょう。

発声法を学ぶことで、あがり症を治すことは可能なのでしょうか?

声帯を傷めない発声法

声楽的発声法を知っている人は、声帯を酷使しません。

声楽的発声法では、丹田で発生させた空気を気管を通ってあごの後ろを通り抜けるときに、ビブラートのために声帯を使うだけです。

それも、ごくかすかに声帯に空気を当てているのみです。

ですから、長時間歌っても、声がかすれたりつぶれたりしません。

私は、毎日の声楽の練習で初めに呼吸法を練習します。

こうすることで、身体の中の空気の通り道を確保します。

それから、発声法で声を良く出せるようにします、

十分に息をコントロールできるようになったら、まずはイタリア歌曲を1曲、それから
アリアを1曲練習します。

ここまでがワンセットで、大体30分かけて呼吸法と発声法を練習します。

これを毎日、6年間続けました。

発声法を習っていない人と比較すると、私は正しい発声法を知っていると言えるでしょう。

声が震える理由

しかし、そんな私でも、発表会のときはやっぱり声が震えます。

緊張すると息が浅くなるので、空気が足りなくなり、声の震えとなるようです。

また、緊張することでお腹に力が入らなくなり、丹田に意識を集中できなくなります。

普段のレッスンでは、緊張しないので、声は震えません。

私の声が震えるのは、発表会等、人前で歌うときだけです。

ですから、いくら発声法を習っていても、緊張を取り除かない限り、声は震えます。

そして、緊張を取り除くには、やはり視線恐怖症、対人恐怖症、失敗恐怖症、あがり恐怖症を解消するしかないのです。

もし、「発声法であがり症が治る」と主張している人がいるとしたら、その人はビジネスあがり症の可能性があります。

point049_07 関連記事:声楽が格段に上達する秘訣

point049_07 関連記事:Nさんの発声時頸部ジストニア治療記録・1

point049_07 関連記事:ステージで頭が真っ白になる原因

point049_07 関連記事:あがり症を治すー話し方教室

text015_10 「あがり症何でも相談会」お問い合わせはコチラから

 「あがり症演奏会のお知らせ」詳しくはコチラから

 

「声の震えを無くしたい・・・」
「声が上ずったり、ひっくり返ったりするのを治したい」
そんな悩みをお持ちでしたら、お気軽にお問合せください。

<<<無料相談のお申し込みはコチラから