Pocket

あがり症の薬ーベンゾジアゼピン系抗不安薬

 

私は自分のひどいあがり症を治すのに、心療内科を受診したことはありません。

近年、あがり症は「社会不安障害」の一種のようにみなされ、心療内科を受診するよう、製薬会社が盛んに広告を出しています。

私見ですが、どんなにひどいあがり症であっても、心療内科を受診する必要は無いと思います。

なぜなら、あがり症はカウンセリングとセラピーで治すことが可能だからです。

そうは言っても、心療内科を受診するとどのような薬が処方されるのか、知識として仕入れておくのは損はないと思います。

そこで、あがり症の人に処方される薬の一つであるベンゾジアゼピン系抗不安薬について紹介したいと思います。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬

ベンゾジアゼピンがどのような薬かと言うと、

「GABA受容体における神経伝達物質のγ-アミノ酪酸(GABA)の作用を強め、
鎮静、催眠 (睡眠導入)、抗不安、陶酔、抗けいれん、筋弛緩の特性がある」
だそうです。

GABA(γ-アミノ酪酸)とは、
「成熟した中枢神経系における主要な抑制性神経伝達物質」
のことだそうです。

要するに、
「抑制性神経伝達物質であるGABAの作用を強めることで、神経細胞の興奮を鎮める薬」がベンゾジアゼピンと言うことらしいです。

抑制する働きがある神経伝達物質の作用を強める・・・

なんのこっちゃ?って感じですが(笑)、

頭の中でぼんやりイメージすると、「 あがり症の不安を『抑え込む力』を さらにグイグイと強めること」のようです。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は以下の副作用が 報告されているようです。

眠気、めまい、ふらつき、脱力感、食欲不振、低血圧

そして、薬そのものに依存性があるということ。

手の震えや体のこわばり、突然死の原因になること。

飲み続けていくうちに、効果が無くなること。

効果が無くなることで不安に駆られ、 さらに薬を飲み過ぎてしまうこと。

この悪循環が、いわゆるオーバードーズの原因の1つのようです。

さらに、急に服用を止めると、
痙攣発作,せん妄,振戦、不眠,不安,幻覚,妄想等の
離脱症状があらわれることがあります。

心療内科を受診する前に

厚生労働省は、2014年10月から、 ベンゾジアゼピン系抗不安薬の規制を始めたそうです。

このサイトをご覧になっている方で、心療内科の受診を検討されている方は、どうか思い留まってください。

薬を飲んでも、あがり症が完治することはありません。

あがり症の原因である4つの恐怖症ー視線恐怖症、対人恐怖症、失敗恐怖症、あがり恐怖症は、薬を飲んでも治らないからです。

むしろ、「恐怖は、抑え付けようとすればするほど、まるでアメーバのように増大し、増殖し、強化される」という性質があります。

ですから、抗不安薬で不安を抑え込もうとすればするほど、手に負えなくなるほどに脳内で恐怖が暴れ出すのです。

どんなにひどいあがり症であっても、カウンセリングとセラピーで自然に治すことができます。

それは、私自身がひどいあがり症-レベル3のあがり症を自力で克服した経験から言えることです。

point049_07 関連記事:あがり症の薬ーSSRI
point049_07
 関連記事:あがり症の薬ーβ遮断薬
point049_07 関連記事:向精神薬で強い不安感が治らない理由

「抗不安薬なんかに頼りたくない!」
「あがり症の不安をなくしたい・・・」
「あがり症を自然に治すことはできないの?」
そう思ったら、お気軽にお問合せください。

point040_01メールカウンセリング:¥5,000
point040_06スカイプカウンセリング:¥10,000(1時間)
point040_04面談カウンセリング:¥22,000(初回2時間)、¥12,000(2回目以降、1時間)

<<<無料相談のお申し込みはコチラから