Pocket

stage-1015683_640

あがり症を治そうと四苦八苦していた頃、幸いなことに私が通っていた島村楽器音楽教室では、年に1回の発表会とコンクールの他に、年2回のミニ発表会と、自分のあがり症がどのくらい改善したかを自分で確かめられる発表の機会をいくつも与えてもらっていました。

*ミニ発表会は、全国の島村楽器で行っている訳ではありません。地元の事務局にお問合せして、お確かめ下さい。また、私が通っていた教室も、移転につき現在は行っていないようです。

 

そのようにしてたくさんの機会を与えられることは大変有難かったのですが、こんな風にラッキーな環境は、誰にでもある訳ではありませんよね。

そこで、「あがり症に悩む人のための演奏会」を開くことにしました!

会場:「ピアノスタジオ NOAH 吉祥寺店
参加費:2,000円(高校生以下は1,000円)

 

あがり症演奏会の内容

1.本番同様、一人ずつ私が演奏者を呼び出します。
2.演奏者は、ステージで自己紹介(氏名、曲目)してください。
3.全員のパフォーマンスを見ながら、私が皆さんの「あがり具合」をチェックします。
4.その結果を基に、終了後は全員で「反省会」を行います。
5.反省会では、「あそこがダメだった」「ここがダメだった」というダメ出しは一切しません。「前回と比べて、こういうところが改善された」ということを確認します。また、演奏中に「どういうところが不安を感じたか」を確認し、不安がある場合は「こういうところを癒してください」と、私がアドバイスを行います。
6.演奏会1週間前から全く不安を感じず、当日もベストパフォーマンスをできた方は、あがり症演奏会は卒業となります。

 

あがり症は、場数を踏んでも治りません。

したがって、この演奏会は「場数を踏んで治す」ためのものではありません。参加できる方は私の治療を受けた方のみです。

 

私の治療を受けた後、次の発表会は1年後・・・では不安な方が、「どれくらい、自分のあがり症が治ったのかを確認するための場」と考えています。

*観客として、見学のみの参加はOKです。ご自由にどうぞ。

 

声楽やコーラス、歌手の方で伴奏者をご用意できない方は、先生にお願いして、ピアノで伴奏してもらった曲を録音して、それを流しながら歌ってください。

また、スピーチやプレゼンの方は、事前に用意した原稿をもとに、本番をシミュレーションして行ってください。

 

ある程度人数が集まらないと、「あがり症演奏会」の意味がないので、こちらは人数が集まったときのみ、不定期開催になります。

*フォーカル・ジストニアの方も参加資格があります。

ご興味がある方は、まずは無料相談、次は私のカウンセリングを受けて、その後にご検討ください。

<<<無料相談のお申し込みはコチラから

「あがり症・ジストニア相談会」詳しくはコチラから