あがり症のクライアント

あがり症の人、というと、どこか暗くてオドオドして、気弱そうな人を思い浮かべる方もいるかもしれません。

確かに、そういうクライアントさんもいらっしゃいます。

 

でもその一方で、堂々として自信に満ちて、社会的にも高い成功を収めているクライアントさんもいらっしゃいます。

そして、後者のタイプのクライアントさんには、共通して見られる傾向があります。

 

それは、「負けず嫌い」「完璧主義」な性格です。

  治療の結果が表れる人の違い

ところが、皮肉なことですが、カウンセリングですぐに結果を出される方は、前者の「自信が無さげで、どこかオドオドしている」クライアントさんです。

後者の、「負けず嫌い」「完璧主義」のクライアントさんは、なかなかカウンセリングの結果を出せません。

もちろん、私はどちらのタイプのクライアントさんにも、同じ説明、同じセラピーを施しています。

それなのに、カウンセリングの結果に著しい違いが出る理由は、ただ1つ。

 

それは、「自分の弱さを認められるか、否か」です。

 

  自分の弱さを認められるか

 

前者の自信が無さげなクライアントさんに「あなたのあがり症の原因は○○なので、××というふうに原因を癒してください」と説明します。

そうすると、このタイプのクライアントさんは「はい、おっしゃるとおりです。私も、あがり症の原因は○○だと思っていました」と素直に理解し、私の言ったとおりに治療に取り組みます。

なので、カウンセリングの効果は翌日~3週間以内に現れます。

 

ところが、自信にあふれたクライアントさんに、同じように「あなたのあがり症の原因は○○なので、××というふうに原因を癒してください」と説明すると、途端に反発されます。

「あなたは私のことなんて、全然わかっていない!」「私のあがり症の原因は○○なんかじゃありません!」と、ときに「食って掛かる」こともあります。

そして、私の言ったとおりにセラピーに取り組まないので、当然効果も表れません。

 

残念ですが、こうしたタイプのクライアントさんは、治療を中断してそれっきりになってしまうことも多いです。

  問題に向き合う勇気

なぜ、一見すると「自信にあふれた」クライアントさんは、あがり症の原因を素直に認めることができないのでしょう?

その理由は、「あがり症の原因が○○だと認めると、自我が崩壊しそうな恐怖を覚えるから」です。

 

人がその問題に向き合えるのは、「問題に向き合う自信があるとき」のみです。

向き合えるキャパシティを超える原因に対しては、向き合うことが辛すぎるので、頭から完全否定します。

そして、「頭から完全否定していること」を認めることも拒否します。

 

一見すると自信満々なクライアントさんは、自分の「弱さ」を他人に見せまいと、必要以上に「強い自分」を演出します。

一言で言うと、「虚勢を張っている」状態です。

 

そのために、「あなたのあがり症の原因は○○ですよ」と指摘する私に対して、「向き合いたくないものにムリヤリ向き合わされた」「強い自分のレッテルが剝がされる!」と、怒りや憎しみさえ覚えてしまうのです。

私もクライアントさんには「全員、あがり症を完治してもらいたい」という思いでやっているので、憎まれるのは非常に心外なのですが(^^;。

 

カウンセリングでは、「こういうこともありますよ」と、そのカラクリも当然ご説明しています。

ところが、「頭から完全否定していること」を認めることも拒否しているので、「自分には関係ない!」と反発されてしまうこともあります。

こういうケースに当たると、私も内心トホホ状態になります(´;ω;`)。

   自分の弱さを認められる日

 

それでは、こうしたタイプのクライアントさんは、どうしたらいいでしょうか?

それは、「あがり症の原因が○○だということに納得がいく日」がくることを、気長に待ち続けることです。

そして、「あのときは納得がいかなかったけど、言われてみればそうかもしれない」と気が付いたときに、自分でセラピーをやってみることです。

過去の出来事で受けた心の傷を癒したときに初めて、「あのときあがり症の原因が○○だと言われたとき、素直に認めることができなかったのは、それだけ自分がひどく傷ついていたからなんだな」と、深く納得がいくことと思います。

 

あがり症は、「必ず、治したい」という気持ちさえあれば、誰でも治ります。

ただ、治すためには、こうした「待ちの時間」が必要になるときもあります。

 

「薬に頼らず、できれば自然に治したい」とお考えの方は、「自然に治すためには、ムダに思えるかもしれないけれど『待ちの時間』も必要なんだな」とご理解いただきたいと思います。

 

「あがり症を自然に治したい」

そんな希望をお持ちの方は、無料相談からどうぞ。

<<<無料相談のお申し込みはコチラから

<<<「あがり症相談会」詳しくはコチラから

メルマガ登録・解除
あがり症なんて、怖くない!~場数を踏んでもあがり症が治らない理由~
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ